なで肩さんのお困りごとを解消! 肩まわりがスッキリ決まる洋服選びのコツ、教えます♪

なで肩さんのお悩みで一番多いのが、肩が丸く見えること。肩先がながらかに下がっていることで肩幅が狭くなり、子どもっぽい・のっぺりした感じを与えてしまうんです。

そんなお困りごとを解消するのが、トップスやワンピースなどの洋服選び。コツさえつかめば、肩まわりがスッキリ決まりますよ♪

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

袖や襟が外側に張り出しているデザインは、なで肩を自然にカバー

なで肩さんが気を付けたいのが、ドロップショルダーの服。袖の位置が下がっていると、肩まわりがさらに下がって見えることも。

そこでおすすめなのが、袖や襟が外側に張り出しているデザイン。肩のハリ感を強調すれば、丸みのある肩先を自然にカバーできます。

夏シーズンであればスクエア型のデザイン袖が◎。ピンと張った袖のおかげで、なで肩を感じさせません。

肩幅よりも広い「ビッグカラー」で肩ラインを強調

肩幅よりも広い「ビッグカラー」もなで肩さん向き。大きな襟で肩に高さが加わり、丸みのある肩先が目立ちません。

さらにビッグカラー独特のフェミニンな雰囲気は、なで肩の華奢なイメージにぴったりマッチ。女性らしさをキープしつつ、キリッとした肩ラインを演出します。

なで肩が気にならない「パワーショルダー」

肩先に量感がある「パワーショルダー」もイチ押しです。とはいえ、ギャザーやタックで袖を大きく膨らませるパワーショルダー。インパクトが強すぎて……という方は、ボリューム感が控えめなデザインをチョイスしてみてください。程よく肩の横幅が出るので、なで肩が気になりません。

子どもっぽく見えない! 「Vネックのジャンパースカート」

なで肩さんのコーディネートにお役立ちなのが、Vネックのジャンパースカート。上に向かって外側に広がるVネックは、ゆるやかに下がる肩を視覚的にカバーします。

肩の幅が広いジャンパースカートを選べば、肩先が立ち上がり、大人っぽいスタイリングが楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。