40代50代は「Vネックニット」をどう着る? やせてきた首元が目立たないコーデテクニック♪

年齢を重ねると首元がやせてきてしまい、襟が開いた服が似合いにくい……と感じることも。大人の女性が「Vネック」をオシャレにコーディネートするには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、40代50代におすすめの「Vネックニット」の着こなしをご紹介します♪

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

大人の女性には、どんなVネックニットが似合う?

40代50代の女性に似合うのは、襟の開きが浅い「Vネックニット」。首の肌見せそのものを抑えることで、年齢が出やすいデコルテラインの露出をカバーします。

さらに身頃や袖がゆったりしたニットには、気になる二の腕やお腹まわりをすっぽりカバーする効果も。ふんわりしたシルエットで柔らかな雰囲気が加わり、Vネックが着こなしやすくなりますよ♪

ボリューム袖のニットなら、デコルテラインに視線が集まらない

同じく40代50代の女性におすすめしたいのが、ボリューム袖のVネックニット。存在感のある袖のおかげで、デコルテラインから視線が流れ、Vネックや首回りが目立ちません。甘くないカラーのニットを選べば、ボリューミーな袖でも若作り感なく着こなせますよ♪

深めのVネックニットには、丸首の白Tシャツをレイヤード

深めのVネックニットなら、重ね着にしてしまう着こなし方もアリ。丸首のホワイトTシャツを挟めば、シャープなVネックが映えて、スッキリとしたメリハリがアップします。

肌映りのいい白いTシャツでデコルテラインを隠しつつ、大人カジュアルなレイヤードスタイルをつくるテクニックです。

細いチェーンネックを重ね付けして、首元に華やかさをプラス

色味を揃えたネックレスを複数使いしてみるのも◎。首元を隠すというより、華やかさを足す感覚でプラスすれば、自然体に決まります。

中でも、細いチェーンネックレスは重ね付けしても大げさにならないのでイチ押し。Vネックのシャープなラインを邪魔せず、デコルテラインがスッキリと決まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。