短めトップスが苦手な方へ|腰まわりカバー&スタイルアップするコーデの作り方

今季のトレンドはトップスの丈感が短めにシフト。でも、普段チュニック丈を愛用している方にとってはちょっと苦手アイテムかもしれません。おしゃれに体型カバーできたら嬉しいですよね。

そこで今回は腰まわりをカバー&スタイルアップしつつ、短めトップスをおしゃれに着こなすコーデアイデアを5パターンご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【1】長め丈のインナーを重ねて腰まわりをカバー

まずご紹介するのは、短めトップスの中に長めのインナーを重ねて腰回りをカバーする着こなしテクニック。スナップではシャツを重ねて、きれいめなレイヤードスタイルに仕上げています。合わせる色によって雰囲気もガラリと変わりますね♪

もう少しカジュアルに仕上げたい方は、チュニック丈のカットソーをインナーにしてみてください。

【2】短めカーディガンは長めインナーとおしゃれに重ね着♪

トレンドの短めカーディガンも、中にカーディガンより長い丈のインナーを投入すれば、おしゃれにスタイルアップできます。カーディガンのボタンを外して着ることでフロントに縦ラインが生まれ、よりスッキリ見えるんです。

こちらもシャツで少しきれいめに、カットソーでカジュアルに……という風に、目指すテイストに合わせてインナーを選んでみてください。

【3】短めトップス×ふんわりスカートなら腰まわりが目立たない!

ふんわりシルエットのスカートは、裾に向かって広がるラインが腰まわりをカバーしてくれる優れもの。短めトップスと合わせたときも、ウエストを細く見せつつ体型カバーしてくれます。

スナップでは、ギャザーたっぷりのティアードスカートを使って立体感もプラス。シンプルなワンツーコーデも地味見えしません。

【4】ワントーンで上下の境目をカモフラージュしてみるのもアリ

短めトップスとボトムスをワントーンで揃えて、ウエスト部分の境目をなじませるのも意外と体型カバーになるテクニック。ワントーンでウエスト部分に色差が出ないため、気になる腰まわりに視線が集まりにくくなるんです。タックパンツの立体感があれば、さらにおしゃれにスタイルアップ♪

【5】ワンピース×短めトップス(カーディガン)でスタイルアップ!

最後にご紹介するのは、短めトップス(カーディガン)をワンピースの上に合わせるコーディネート。間延びしがちなロング丈のワンピースは、短めトップスを重ねることで重心が上がりスタイルアップ! ワンピース以外に、オールインワンやサロペットでも同じ効果が期待できますよ。

トレンドの短めトップス、ぜひおしゃれに着こなしてみてください。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。