50代の黒パンツコーデをおしゃれに。よそ行きコーデのコツ

服装に迷ったときに頼れるのが「黒のパンツ」。50代であれば、よそ行きコーデにも活用したいですよね。

そこで今回は「50代×黒パンツ」のおしゃれな着こなし方を伝授。アラフィフモデルのスナップから、よそ行きコーデのコツを探っていきましょう!

きちんと感がある黒パンツ → 華やかなブラウスを合わせる

まずは着回しやすい「黒のテーパードパンツ」。きちんと感がある一方でスタイリングが寂しくなりがち、加えて通勤服っぽく見えてしまうパンツでもあります。そこで華やかなブラウスを合わせるのがおすすめ。

ブラウスは旬のデザインを選ぶとグッとトレンドライクに。定番感がある黒のパンツがよそ行きモードに決まりますよ♪

カジュアルな黒パンツ → 真っ白な映えトップスでメリハリをプラス

カジュアルな「黒デニムパンツ」や「黒ジョガーパンツ」は、ラフになりすぎないよう着るのがポイント。真っ白な映えトップスとなら、コントラストが効いてメリハリがアップします。ホワイトカラーのおかげで、肌がきれいに見えるレフ板効果も期待できそうです。

時短でおしゃれになりたい → 黒のオールインワンを着てみよう!

黒のパンツスタイルでモードに装うなら「オールインワン」に敵うものなし。おしゃれなのはもちろん、上下が繋がっているので時短でラクにスタイリングが完成します。ジャケットを羽織るだけで、よそ行きに決まりますよ。

黒パンツが似合わない → 「濃紺のパンツ」でもOK!

黒のパンツがなんだか似合わない……。そんな方は黒に近い「濃紺のパンツ」を選ぶ手もアリ! ブラック独特の暗さを解消しつつ、引き締め効果はしっかりキープ。知的で清潔感があるので、ゆったりとしたシルエットのパンツでも大人っぽくハンサムに着こなせますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。