夏の女子会はキラキラ輝くビジューアイテムで自分も周りも気分をUP♡

「女性は光るものに弱い」という話を聞いたことはありませんか?
自分をきれいに見せてくれるとか、気分を上げてくれるとか、理由は人によるようですが、女性はキラキラとしたものが好きな傾向にあります。
いずれにしても女子会では光るものを身につけて気分を上げたいもの。
今回は自分も周囲も幸せにする、ビジューアイテムの着こなしをご紹介します♡

ビジューを散らしたワンピでちょっと個性派

シンプルな白ワンピに飽きたらこんなビジューを散らしたワンピースはいかがでしょう。ありそうでなかったビジューがドットのようについているタイプのワンピースです。
ハート型に切れ込まれている胸元もポイント。これならちょっとしたドレスアップにも使えそうですね!
ここではきれいめサンダルと合わていますが、靴下×シューズでカジュアルダウンしてもOKです。

シンプルなアイテムにこそビジューを

シンプルなTシャツもビジュー付きをセレクトしたらぐっと華やかに!
モノトーンコーデのアクセントになりますね。
ビジューのネックレスと合わせたり、自分でビジューをつける一手間をかければ、タンスの肥やしのシャツも復活するかもしれません。

お呼ばれ服をランクアップ!

色味のシンプルなビジューネックレスは何にでも合わせやすい万能アイテムです。
ひとつ持っているととっても便利。シンプルな服やお呼ばれ服に合わせると、自然にランクアップができますよ。

デコバッグでオンリーワンの女に

ビジューコーデが完成したら、ぜひ小物にもビジューを取り入れてみてください。
こちらのデコバッグは一見派手に見えますが、パール、ゴールド、シルバーのといった合わせやすい色をベースにしているので、どのようなビジューコーデともばっちり合います。
みなさんもぜひ、プチプラのバッグにビジューをデコって楽しんでみてください♡

 

いかがでしたか。
せっかく女子会に行くならキラキラアイテムで気分を上げてから出かけたいものですね。
こんなコーディネートで行ったら会話も弾むこと間違いありません。

ライター:みずしま

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。