肩がけに腰巻き。夏コーデのテイストを変えるGジャン活用術♡

カーディガンなどと同じように、Gジャンも着るためではなく、コーデのアクセントとして取り入れている姿を街で目にします。
ツボを抑えた取り入れ方は雰囲気があって素敵ですが、ちょっと間違えると”やり過ぎ” “イタい” になりかねません。ポイントを外さずきっちりコーデにこなれをつくる、Gジャン活用術を最旬スタイルから学びましょう。

ホワイトコーデに、ちょっとハードなアクセント

tlujvwnsl7t3mts8x1ie


すっきり白のワントーンでクリーンにまとめられたコーディネートに、Gジャンを肩掛けして、ハードなアクセントを効かせたスタイルです。
白のTシャツ、タックパンツ、フラットシューズのコンサバスタイルに、デニム独特のスパイスを注入して、上品なセレカジコーデに仕上げています。
ワントーンのコーディネートにちょっともの足らなさを感じたときは、デニムジャケットをプラスして、変化を付けるのも効果的です。

Gジャン投入で重さを回避、夏のブラックコーディネート

da8gqlackmsub3bcfbtu


夏のダークな色のワントーンコーデは、いかに重さを出さないかが重要です。肌の露出部分を確保したり、ハズしの差し色や抜けをつくったり。
そんなダークな色の重さを軽減するのにGジャンはとても効果的です。ぱっと腰巻きすることで、ボリューム感が出るはずなのに、素材のメリハリと色の変化が生まれ不思議と軽さが加わります。
アイテムをプラスしながら、余計なイメージをマイナスする、おしゃれ上級者のテクニックです。

モードにストリート感をプラスする、こなれのGジャン効果

jyrguyjtgxanx2jswds9


黒のミニワンピースとハードなエンジニアブーツのスタイリッシュなワントーン。エッジーなミニマムモードに、Gジャンを肩掛けしてストリート感をプラスしています。
フェミニンなワンピースとハードなブーツで甘辛MIXに仕上げてから、色と素材の単調さを打ち消すGジャンを肩掛けする、こなれのテクニックに脱帽です。

色の濃淡で見せるこなれ技、夏のデニムonデニム


「上を薄く、下を濃く」がデニムonデニムの鉄則です。間違って上下逆の合わせにしてしまうと、ちぐはぐな印象になってしまいます。
しかし濃い色のGジャンを腰巻きすると、ウエスト部分の表情となります。変化が生まれて新鮮です。シンプルになりがちなこの時期のデニムコーデに、あえて着ないでアクセントをつける。効果的なGジャン活用法です。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。