出来る女を演出できる! オフィスでもゆるく見えないニット活用術

肌寒い季節に欠かせないあったかニット。
秋冬はオフィスカジュアルでも定番ですが、つい保温性を重視しすぎて “もこもこ・ゆるゆる” なシルエットになっていませんか?
寒い時期だからこそ、シャキッと大人の “出来る女性” を演出したいですね。
素材や形、合わせるボトムスを選べばオフィスでも品のある大人の着こなしに。ファッショニスタの着こなしをご紹介します♪

ジャケット感覚で使えるダークカラーのカーディガンは全体の引き締めに

テーパードパンツに一見ミスマッチなTシャツの組み合わせも、ジャケット感覚で濃い色のカーディガンを羽織ることにより、かっちり大人のカジュアルに。
あくまでTシャツはインして細めのベルトなどと合わせることで、大人のこなれたオフィスカジュアルに。
華奢なヒールを合わせれば、もうすっかり大人の出来る女です。

カーディガンはオフィスカジュアルでも定番になりつつある “オールインワン” と合わせても

オフィスでも人気のオールインワン。シャンブレーやウールなど張りのある上質な素材感のものを選べば、カーディガンの引き締め効果で、かっちりしつつも遊び心のある大人の女性に 。
カーディガン自体も、上質に見えるしっかりしつつもやわらかな素材を選びましょう。

保温性とトレンドを兼ね備えたロングカーディガンはタイトシルエットのものを

6

流行りのロングカーディガンも、オフィスでは適度なタイト感のあるリブ仕様やハイゲージのものなどを選びましょう。
ローゲージのもこもこあったかなロングカーデは家では重宝しますが、オフィスではなんだか動きにくそうな印象になってしまいます。
合わせるアイテムも細めのパンツやカットソーなど、フィット感のあるものの方がカーディガンの長さが重く見えません。
お尻まわりが隠せるからといって、油断して全身もこもこのオフィスくまさん状態にならないよう注意しましょう。

やわらかふわもこ素材のニットも、シンプルなかっちりラインならOK!

 
アンゴラやシャギー素材のやわらかいふわもこ素材、女性なら冬場のオシャレとして着たくなりますよね。
こちらも、オフィスではあくまでシルエットはタイト目に。だらんとしたドルマンスリーブなど袖が太めのものは、実際仕事の邪魔になりかねません。
ボトムも細身のパンツやペンシルスカートなどでシンプルにまとめつつ、小物にさりげなくインパクトのあるものを取り入れるなどのギャップで、大人のセンスを感じさせましょう。
こちらのモデルさんの着用しているカーディガンは、なんとキッズサイズ。
シンプルなコーデかつ、合わせる小物を工夫されているので、チープに見えませんね。

サイズ感とフィット感がオフィスで使えるニット選びの鍵

4

大人のオフィスカジュアルのニット選びでは、適度にフィットしたサイズ感が重要です。
これさえクリアしていれば、プチプラアイテムでも上質な印象を残せます。
さらに、自分に合う色使いや、ネックの形をあらかじめ試着したおして確認しておくと、ネットショッピングで買い足す際にも、失敗しにくくなるでしょう。

大人の出来る女は、寒い時期こそあえて体型をごまかさない! ヒートテックなのど見えないインナーで工夫して、潔い着こなしをしていれば、冬太りも防げるかもしれません♪

ライター:meguny