春夏の大定番! シャツワンピをとことん着倒す方法♡

爽やかにオシャレに、サラッと着られるシャツワンピは春夏の定番。
でもついつい、いつも同じコーデをしてしまってマンネリ気味とか……あなたも身に覚えがないですか?

そこで今回はシャツワンピを着倒す方法を教えちゃいます!
 

シャツワンピを着倒す方法1:軽めのアウターとして使う

シャツワンピをライトなアウターとして使ってみましょう。
目指すべきシルエットは2016年のトレンドの、ロングアウターにショートのイン。

春先のちょっと寒い時、夏の冷房対策の強い味方になってくれます。

特にカーキカラーはマニッシュにもフェミニンにも、なんでも合ってしまうマルチなアイテムなので失敗なしです!

シャツワンピを着倒す方法2:前開きをせずコート風に

こちらもアウター、特にコート風の着こなしをしたシャツワンピ。
特に、あえて前開きをしないっていうのがポイント!

インはボーダーのシャツにデニムとカジュアルですが、コート風にシャツワンピを合わせることで上品なキチンと感が演出できます。

ヘアスタイルはアップで首を出す&袖をまくりあげて手首も出しているので、華奢な部分見せで女性らしさも忘れません。
 

シャツワンピを着倒す方法3:スカーフと合わせてオフィススタイルにも

カジュアルにも着こなせるシャツワンピ。
でも襟がついているので、本来ならばオフィス向けにも着こなせるアイテムでもあります。

特にスカーフとの相性はバツグン!

スナップのファッショニスタのように、バッグに合わせてもいいですし、首元に巻くトラディショナルなスタイルにもよく合います。

これで一気にできるオンナのシャツワンピコーデに!

ライター:みずしま

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。