明るい色のアイテムをコーディネートに取り入れるコツ

「明るい色のアイテムを取り入れておしゃれを楽しみたい!」と思う反面、派手過ぎたり肌の色と合わないような気がしてなかなか手を出せていない人も多いのではないでしょうか。
今回は明るい色のアイテムをコーディネートに取り入れるコツをご紹介します♪

顔から離れたところに取り入れる

明るい色、派手な色のアイテムは「顔から離れたところに取り入れる」とバランスを取りやすいものです。具体的にはボトムスや手首、靴やバッグなどが挙げられます。
パーソナルカラー的には合わない色でも、顔から離れたところであれば肌の色とぶつかることもありません。また顔から離れたところであれば比較的目立たないので、さりげないおしゃれを演出することができます。
ちょっと冒険してみたい。でも自信がない。そんなときは、顔から離れたところに取り入れるところから始めると良いでしょう。

取り入れる面積を控えめにする

取り入れる面積も重要な要素。 ジャケットやボトムスのような面積の大きなアイテムに取り入れると目立ちますが、ベルトや靴など、いわゆる「差し色」としてワンポイントに取り入れると主張が強過ぎることもなく、程よくコーディネートを引き締めてくれます。
ぜひ明るい色の小物にチャレンジしてみてください★ 

関連記事
強い日差しの中でも映える、ビビッドカラーで差し色コーデ♪パーソナルカラーをあらためて確認! 自分に似合う色を知ろう♪【パーソナルカラー別】あえてのカーキを、春夏のおしゃれのポイントにしてみない?【パーソナルカラー別】2018年のトレンドカラー「淡い色」を自分らしく楽しもう!【パーソナルカラー別】ただ着るだけでもOK! 女子力UP&HAPPYオーラをまとえるピンクの着こなし4選「ブラウンで顔色が悪く見える」を脱却。自分に似合うブラウンをパーソナルカラーから探せ!
The following two tabs change content below.

#CBK編集部

#CBK編集部の公式アカウントです。編集部からも様々な情報を発信していきます♪