夏フェスで盛り上がる! 初心者さんにおすすめのコーデとは?

野外でのフェスは、夏ならではのイベントですね♪
夏フェスでの野外ライプでは、何を着ればいいのでしょうか。
真夏の炎天下でのフェスファッションは、熱中症や日焼け対策を万全にして参加することが一番大切です。
今回は夏フェス初心者さんのための、”野外ライプファッション”をご紹介します♪

つば広帽子で紫外線をガード&ゆったりラフなスタイルで、ノンストレスな夏フェスコーデ♪

ゆったりめのグレーのTシャツにボーダーのレギンス、スポサンのコーデです。
夏フェスでは、ラフなファッションが大前提。暑い中で盛り上がる野外ライプに、街中のようなきれいめファッションはかえって浮いてしまいます。
ラクで動きやすい、たっぷりしたTシャツ&パンツは蒸れにくいのでおすすめです♪
紫外線を通しにくい黒のつば広い帽子で、日焼けや熱中症対策を万全に。

人混みを避け木陰でゆったり楽しむならこんなコーデもおすすめ。足首まであるふんわりスカートがリラックスムードを高めます。風に包まれながら音楽を楽しんで♪

シンプルな白シャツが新鮮♪ ショートジーンズと合わせて、大人のフェスコーデ

白いシャツにショートジーンズ、赤いスニーカーのコーデです。
夏フェスにはカラフルなTシャツの人が多いので、白のシンプルなシャツはかえって新鮮に映ります。
ジーンズのショートパンツは、フェスの定番アイテム。
足の日焼けが心配な人は、夏用の薄手レギンスを重ね履きしておくのがおすすめです。
夏フェスにビーチサンダルで参加する人も多いのですが、長時間野外で過ごすフェスでは、足の指を傷めてしまうことも。
歩き慣れたスニーカーで、なるべく負担がかからないようにしましょう。

Gジャンで冷え対策も♪ ジャージーのボーダーワンピで、抜け感を演出♪

ボーダーのジャージ素材のワンピースに、Gジャンを腰巻したコーデです。
ワンピースは夏フェスにはあまり向かないアイテムですが、長いTシャツ感覚で着るジャージー素材のワンピースなら違和感なしで着られます。
山奥でのフェスの場合、街中よりかなり冷え込むことも。
アウターを腰巻しておくと、さっと着られて気温調節にも役立ちます♪

カジュアルなカラフルボーダーに、マニッシュなカーキのショートパンツの定番コーデ♪

ボーダーTシャツとカーキのショートパンツ、ニットキャップにスポサンのコーデです。
夏フェスには、アウトドアファッションと同じ感覚で行くのがちょうどいいかもしれません。
山で足元がぬかるんでいることも多いので、レインブーツの用意があると便利です。
一時期、フェスファッションでミネトンカのブーツが注目を集めたこともありましたが、スウェード素材で暑く、ぬかるみに弱いために、現実的にはフェス向きではありませんでした。
雨対策に、レインパーカーやウィンドブレーカーもお忘れなく!

2017年8月3日 watabe 更新

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。