爽やかさ急上昇! 秋冬に着ると差のつくペールブルーがおすすめ♡

秋のカラーといえば、ベージュ、キャメル、マスタードにバーガンディ。筆者も最近は毎日取り入れて秋を楽しんでいます。
けれどさすがに秋も後半になると飽きが出てくることも。そんなときにおすすめなのが、ペールブルーです。今回はペールブルーを取り入れた、爽やかな秋のコーディネートをご紹介します♡

ペールブルーはひんやりとした水色

ペールブルーとは、水色に白を混ぜたような色のこと。
パステルカラーほどフェミニンではなく、ひんやりとしたイメージのため、カジュアルな着こなしにマッチします。「シャーベットカラー」と呼ばれることもありますね。

クールな印象が秋冬にもぴったりで、昨年もチェスターコートのカラーとしてしばしば目にすることがありました。

 

ペールブルーのチェスターコートはクールな印象で秋冬マスト

ペールブルーのチェスターコート。
クールな印象でどことなくグレーに近い色味のため、甘めな着こなしでもやりすぎにならないのがいいですね。
爽やかなカラーで、秋冬の定番色に飽きたときにぴったり。デートにもおすすめです♡

 

きれいめな印象のアイテムなので、スウェットパンツに合わせてもきちんとした印象に見えます。どう着てもスウェットパンツが部屋着みたいになってしまうとお悩みだった方は、ぜひスナップのコーデをお手本にしてみてください♪

 

チェスターコートだけでなく、ショート丈のコートもおすすめです。
カラーアウター初心者の方は、面積の少ないショート丈のものから挑戦してみるのも良いかもしれません。

ハイブランドのバッグもペールブルーならはずさない&無難すぎない

ペールブルーはバッグや小物で持つのもおすすめです。地味ではなく、ほどよく上品なので、シーンを問わずに持っていくことができます。スナップはエルメスのケリーバッグです。ハイブランドのバッグは長く大事に使いたいアイテムなので、合わせやすいというのは重要ですよね。

 

ブラウン×ペールブルーの組み合わせは新鮮なイメージに。
意外な組み合わせですが、違和感なくマッチしていますよね♪
ブラックやブラウンも良いですが、無難すぎると感じる方もいらっしゃることでしょう。そんな方にこそ、ペールブルーは有力候補です。

 

ペールブルーのバッグは、秋冬に出番が増えるニットワンピのアクセントとしても活躍します。赤やピンクを差し色にする方が多いと思いますが、あえての寒色であるペールブルーがおしゃれなんです♡

ペールブルーのフェミニンコーデならグレーと合わせて失敗なし!

ペールブルーはグレーと相性の良いカラー。爽やかで且つ甘くなりすぎずにフェミニンに決まる失敗なしの組み合わせなんです。
ワードローブにグレーのアイテムをお持ちであれば、すぐにでもペールブルーを取り入れることができるでしょう。

ペールブルー×ベージュで冬コーデを新鮮に!

ペールブルーはベージュとの相性も抜群です。ホワイトと合わせるのは定番ですが、あまりにもベーシックな組み合わせは避けたい方にはおすすめです。
きれいめにまとめつつ、他とは差のつくコーデになりますね♪

「これぞ春!」と言わんばかりのペールブルーのプリーツスカートもベージュニットとの組み合わせで冬コーデにシフト♡
ベーシックなブラックと合わせないところがワンランク上のおしゃれのポイントです。

ペールブルー×柄物アイテムで新鮮なフェミニンコーデに

ペールブルーニットに反対色であるビビッドなピンクの花柄ボトムを合わせれば、新鮮なフェミニンコーデに。秋冬のペールブルーに加え、反対色がさらにおしゃれ度をアップしてくれます。
ただのフェミニンなコーデは飽きた、そんな方は参考にしたいコーデですよね♪

ペールブルーがあれば、ブラックも軽く見える♡

重たくなりがちな冬コーデ。ブラックは出番の多いカラーですが、それを軽く見せてくれるのがペールブルーです。寒い季節に寒色系のカラーは避けがちですが、あえてのペールブルーがとっても魅力的なのです♡

ペールブルーならハンサムなコーデもお手の物。しかもデザイン次第でちょっぴりガーリーテイストもプラスできちゃいます♪
ブラックと合わせてフェミニンになりすぎないMIXコーデの完成です。

定番のパンプスは飽きた→それなら、ペールブルーで♪

靴やバッグで差し色をするのはおしゃれの定番テク。
ベーシックなカラーのパンプスの他に、赤やバーガンディ、ダークグリーンなど、落ち着いたカラーの靴は持っているという方は多いと思います。
一通り靴がそろっているなら、次はペールブルーのパンプスも押さえてみてはいかがでしょうか♡ 秋冬のコーデのレベルが上がりますよ♪

 

いかがでしたか。
爽やかなのに、春夏っぽくなりすぎず秋にぴったりのペールブルー。ぜひチェックしてみてくださいね♪

ライター:みずしま

2017年2月4日 mamiko 更新
2017年7月4日 watabe 更新

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。