30代でも、まだピンクが着たい!大人のためのイタくない”ピンク服”の着こなし講座

最終更新日: 2017/10/12 by watabe

30代の大人女性にとって、ピンクの洋服は一歩間違えるとイタく見えてしまいがち。
でもピンクは女性が永遠に好きなカラーであり、女らしさを格上げしてくれるありがたいカラーでもあります♡ ならば、イタく見えない素敵なコーディネートを研究してみませんか?

おしゃれファッショニスタのコーデを参考に、ピンクアイテムの着こなしテクニックをお伝えします!

女度の高いスカートはシックにまとめて甘さを抑える

ピンクアイテムの中でも一段と女度の高いスカートは、普通にコーデすると甘くなってしまうもの。だから、他のアイテムは黒やネイビーで統一してシックに仕上げましょう。イタくならずに、程よい大人の可愛さを演出できます。

 ピンクワイドパンツには、辛口スパイスを取り入れる

ピンクのワイドパンツは辛口アイテムと合わせて、クールだけどフェミニンに仕上げるのが正解。大人クールな印象ながら洗練度を高めてくれるライダースジャケットなど、フェミニンなピンクとは正反対の辛口スパイスを取り入れて、大人の甘辛コーデを楽しんで。

ピンクニットは、タイトスカートで大人に引き立てる

トップスにピンクを取り入れると、表情も明るく柔らかな印象に。秋冬に着たいピンクニットは、大人っぽさを引き出した着こなしを意識しましょう。タイトスカートと合わせれば、大人の女性らしさもぐっと格上げ。パンツと合わせたいのなら、美シルエットのものを選んで。

バッグなら幅広いコーデに取り入れやすい!

「ピンクを洋服に取り入れるのはまだ抵抗が……」という人は、まずは小物から投入してみて。シューズだと形や素材によってはコーデに馴染まないこともあるので、使い回しの幅が広いバッグがおすすめ。さりげなく女性らしさを上げてくれたり、フェミニンさをプラスしてくれます。

上級者向けの甘くないALLピンクスタイル

ピンクの着こなしテクニックはもう押さえた方へ、全身ピンクカラーでつくるオシャレ上級者向けコーデをご紹介。全体の中で濃いピンクは1点程度にとどめ、他アイテムを淡いトーンのピンクでまとめます。そうするとALLピンクでもやわらかな印象に。濃淡の違うピンクを組み合わせるのが、こなれて見えるコツです。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡