そのバランス参考にしたい! カーディガンがおしゃれに見える、冬の着こなしとは?

最終更新日: 2018/02/19 by watabe

着まわしの効くカーディガンは、一枚あると便利なアイテムですよね。寒い季節は特に出番が多くなってきますが、重ね着するあまりおしゃれとはほど遠いコーデになってしまうこともしばしば……。

今回は、カーディガンを重ねて着てもおしゃれに見えるコツをご紹介します。カーディガンの丈別に見る、おしゃれな着こなしのバランスをぜひ参考にしてくださいね。

ロング丈カーディガンは、パンツと合わせて縦ラインを強調した着こなしを

今っぽいロング丈のカーディガンは、これだけでトレンド感満載です。でも、一歩間違えると野暮ったく見えてしまう危険性があります。そこで気をつけたいのが、合わせるボトムス選びです。

スキニーパンツなら縦ラインが強調されてすっきりとした仕上がりに。トレンドのワイドパンツはルーズなシルエットで今っぽいコーデが楽しめます。スカートを合わせる場合は、何よりロング丈のものがおすすめです。

ミドル丈カーディガンは、ふんわりエアリーなスカートで上品に着こなして

お尻がすっぽり隠れるミドル丈のカーディガンは、体型カバーにひと役買ってくれるお助けアイテムです。ただその中途半端な着丈が逆に裏目に出てしまい、バランスが取りづらくなってしまうことも……。

そんなときは迷わずスカートを選んで、軽やかに見せるのが正解です。総柄のワンピースにもミドル丈のカーディガンを羽織ることで、悪目立ちせずマイルドに仕上がります。

ショート丈カーディガンは、一枚でボトムスにタックインしてコンパクトに着こなす

ショート丈のカーディガンは、前を閉めて一枚で着こなすのが今っぽくておすすめです。さらにボトムスにタックインすることでコンパクトに見え、脚長効果が期待できます。スカートにもタックインしてウエスト位置を高く見せるよう意識すると、バランスよく着こなせます。

The following two tabs change content below.
vivi

vivi

アパレル販売員を経て、モデル兼ライターとして活動中。 大人のファッションは“好き”より“似合う”が重要課題。 「シンプルなのにおしゃれに見える」大人スタイルを提案します。