わかりにくいオフィスのドレスコード。「ビジネスカジュアル」とは?

最終更新日: 2018/02/21 by watabe

オフィスシーンのドレスコードは結構わかりにくいもの。ビジネススーツであれば一目了然ですが、ビジネスにカジュアルがつくとガイドラインはどこだろう? と思いますよね。「ビジネスカジュアル」の場合はスーツほど堅苦しくはないけれど、仕事をするのにふさわしい服装を指します。参考にしてみてください♪

ビジネススーツとビジネスカジュアルの違い

「出勤はビジネススーツで」というドレスコードの企業であれば、上スナップのようなセットアップのスーツを指します。
「ビジネスカジュアル」の場合はスーツほど堅苦しくはないけれど、仕事をするのにふさわしい服装。下スナップのように上下違う色や素材でも“きちんと感”があれば大丈夫です。

スカートならタイトスカートやペンシルスカート

スカートはタイトスカートやペンシルスカートなどのスッキリしたフォルムのものをおすすめします。色はブラック、ネイビー、ブラウン、ベージュなどのベーシックカラーを。柄はトラッド系のグレンチェックやピンストライプならOKという会社も多いようです。

シャツ×パンツでスタイリッシュなビジネスカジュアル

ビジネスカジュアルでは襟付きシャツが無難ですが、きれいめなブラウスならラウンドネックでも大丈夫。しかしカットソーは避けた方がベターです。
ホワイトやグレー、ストライプ柄、スナップのようなすっきりとしたパンツスタイルもおすすめ。ただ、生足は厳禁! ストッキングを着用しましょう。

アウターは王道トレンチコートやチェスターコート

ビジネスカジュアルに好相性なアウターは、ベージュやネイビーのトレンチコート。冬ならチェスターコートも合いますね。
シューズはパンプスが基本。ブラックやベージュが無難です。寒い季節に履きたいブーツですが、NGの会社もあるので事前にチェックしておきましょう。

The following two tabs change content below.
ロザリンダ

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。