泳がない海コーデ、何着て行く? おしゃれで使える海コーデ24選

海=水着のイメージがありますが、「海で泳がない」という人は意外に多いもの。

浜辺でのバーベキューやビーチバレーなどのアクティブなレジャー以外に、海を見てぼんやりしたりシートに寝転がったりなど楽しみ方はいろいろですね♪

今回は、泳がない海でのコーディネートをご紹介します!

何を着たらいい? 泳がない海コーデ

泳がない海コーデのポイントは、日焼け対策と波打ち際を歩けるボトム選び。

ビーチサイドは通常より日焼けしやすいので、日焼け止めはもちろんハットや羽織りがあると便利です。

海では服のまま波打ち際を歩くことも。裾が水で濡れにくい、長すぎないスカートやぴったりしすぎないパンツがおすすめです♪

ビーチバレーに使える! ショートパンツ+スニーカーの海コーデ

海レジャーでおなじみのビーチバレーにおすすめなのが、ショートパンツとスニーカーの組み合わせ。街では露出が気になるショートパンツも、ビーチなら健康的に楽しめますね♪

家族や友達とのお出かけに! ハーフパンツでアクティブな海コーデ

「アクティブに過ごしたいけど、ショートパンツほど脚を出したくない」という方には、ハーフパンツがおすすめ。

ひざ上丈のハーフパンツは、肌見せしても健康的な雰囲気がキープできるアイテム。ボーイッシュで女っぽさが控えめなので、家族や友達と海に出かける日のコーデにもぴったりです。

長すぎないブルーや黒のシンプルワンピース+ビーチサンダル&スポサン

泳がない海コーデに便利なのが、さらりと一枚でコーデが完成するワンピース。爽やかなブルーや大人っぽい黒でシンプルなおしゃれに決まります♪

ビーチサンダルやスポーツサンダルなら、そのまま海でも使えますね!

Aラインシルエットが体型カバーもしてくれる、ティアードワンピース

夏の海辺には、風通しのいいゆったりしたワンピースが最適。そこでギャザー切り替えデザインの「ティアードワンピース」がいかがでしょうか。

全体がふわっとしたティアードワンピースは体から生地が離れやすいのが特徴です。汗をかいても肌に貼りつかないので、着心地はサラリと快適。さらにAラインシルエットが体のラインを隠してくれ、体型カバー力もバツグンです♪

リゾート感がある夏ワンピースは海デートにもピッタリ!

海に来た!という気分が上がるのが、リゾート感のあるワンピース。エスニック柄や肩リボン付きのデザインなら、開放的で夏っぽいムードが楽しめます。

リゾートを感じさせるデザインのワンピースは、海デートの装いにも最適。ぺたんこサンダルをプラスすると、まったりリラクシーな時間が過ごせそうですね♪

日焼け対策の羽織り+裾をまくれるワイドパンツ

日焼け対策にはカーディガンやシャツを羽織って。フルレングスのパンツでもワイドシルエットなら裾がまくれるので、波打ち際もOKです♪

ひざ下丈スカートのシンプルカジュアル+クリアバッグ

シンプルカジュアルな着こなしなら、長すぎないひざ下丈のスカートが◎。モノトーンカラーを選べばすっきり爽やかです♪

水に強いクリアバッグも海コーデに使える優秀アイテムです。

シンプルなセットアップは、ノースリーブやリネン生地で取り入れてオフモードに

トロピカルでカラフルになりがちな海コーデですが、オフホワイトやベージュ色のセットアップなら、上品で落ち着いた雰囲気に。

この場合のセットアップは「ノースリーブ」や「リネン生地」で取り入れるのが◎。ナチュラルでオフモードな空気が漂い、海のムードにしっくり馴染みます。

シンプルで大人っぽい雰囲気があるので、海沿いのレストランやカフェでゆったり過ごすのにもおすすめですよ♪


「海」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。