50代がおしゃれに着こなせる、HARVESTY(ハーベスティ)のサーカスパンツ。体型カバーも叶うコーデ12選♪

腰回りや脚のラインがカバーできるワイドパンツは大人コーデの必須アイテム。シンプルなワイドパンツもいいけれど、ボリューム感たっぷりでおしゃれなワイドパンツはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、上質なカジュアルパンツのブランド・HARVESTY(ハーベスティ)のサーカスパンツのコーディネート。

シンプルコーデがInstagramで人気の#CBKモデル「あっこたん」さんのリアルコーデよりご紹介します!

HARVESTY(ハーベスティ)のサーカスパンツって?

HARVESTY(ハーベスティ)はブランドデニムの産地・岡山県倉敷市のファッションメーカー。ボトムスがメインのラインナップからも、モノ作りへこだわりが感じられます。

そんなハーベスティで人気なのが、ボリュームのあるサーカスパンツ。バルーン状にふくらんだシルエットで、コーディネートが大人可愛いスタイリングに!

ゆるっとしていてもおしゃれなハーベスティのサーカスパンツ

カジュアルコーデと相性バツグンなハーベスティのサーカスパンツ。ゆるめシルエットでもだらしなくない絶妙なカッティングで、ラフな着こなしに上質感が加わります。

きれいめレースアップシューズに合わせてオールシーズン着回せる

ふんわりしたシルエットで脚のラインを拾わないハーベスティのサーカスパンツ。バルーンシルエットでも裾が細めになっているので、足元がもったりしません。

メンズライクなきれいめレースアップシューズに合わせて、オールシーズン着回したいですね♪

サーカスパンツに布帛のベストをプラス

こちらはハーベスティのサーカスパンツに、50代女性に人気のベストをプラス。

ゆるっとしたバルーンシルエットのサーカスパンツには、ずるっとなりがちなニットべストよりも布帛のベストが◎。織りのある生地感でコーディネートが引き締まり、だらしなく見えません。

サーカスパンツからをチラッと見せた赤い靴下は、ベーシックカラースタイルの差し色にぴったり! シンプルなカジュアルコーデに遊び心が加わりますよ。

サーカスパンツにはトップスアウトが似合う♪

トップスの裾をボトムに入れ込まない「トップスアウト」。気になるお腹を自然にカバーしたり、インするテクニックがいらなかったりと、50代に人気の着こなし方です。

ウエストがゴム仕様のサーカスパンツは、トップスアウトするほうがおしゃれに決まるアイテム。普通丈のシャツをサーカスパンツから出して着こなすだけで、スタイリングがサマになります。

裾がほっそりしたサーカスパンツは、ロングコートとも相性バツグン

ワイドパンツは一般的にロングコートと組み合わせると、重量感でバランスが悪くなりがち。しかしサーカスパンツは裾を絞ったような形をしているため、ロングコートと合わせてもすっきり決まります。

立体的なダーツで裾がほっそりしているので、ヘムラインがモタつかず脚さばきは◎。爽やかなホワイトカラーをチョイスすれば、コーディネートに軽やかさも加わります♪

サーカスパンツをロールアップしてナチュラルなお出かけコーデに

サーカスパンツの裾を一つ折りしてロールアップすれば、素足が見えて足元がぐっと軽やかに。足首をチラリとのぞかせる着こなしだと、女性らしいパンツスタイルに仕上がります。

さらっと軽い羽織りとかごバッグを組み合わせれば、ナチュラルなお出かけコーデが楽しめますよ♪

2018年8月16日 公開
2021年3月24日 更新


「50代」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。