着膨れの理由はシルエットが合っていないから? 骨格別・本当に似合うニットを探そう!

最終更新日: 2018/12/05 by watabe

ニットを着るとどうしても着膨れしてしまう……。その理由は、体のシルエットに合わないニットを選んでいるからかもしれません。
今回はストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つの骨格タイプから、体のラインを美しく見せるニットをご紹介します。

※本記事は登場するモデルさんの骨格タイプを断定するものではなく、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

首周りすっきりニットは「ストレートタイプ」が似合う

深めのVネックは上半身が寂しく見えたり、反対に鎖骨が目立ち骨ばった印象になることも……。しかし、立体的で厚みのあるストレートタイプさんには好都合。すっきりとした首周りがかえって上品でクラス感のある雰囲気に見せてくれる、おすすめのデザインです。

ふんわりモヘアニットは「ウェーブタイプ」におすすめ

ふんわり、そして華やかなモヘアニットは、上半身が華奢なウェーブタイプさんによく似合います♥ 腰骨よりも上のラインにくる短めの着丈を選ぶと、下半身とのバランスが取りやすくなります。柔らかなモヘアニットも、パンツと合わせれば甘さが抑えられ、クールに仕上がります。

ゆったりとリラックス感のあるニットは「ナチュラルタイプ」向け

網目のゆるいローゲージニットは、体のフレームがしっかりしているナチュラルタイプさんが着るとスタイリッシュに決まります。また、ゆとりのあるタートルネックやオフタートルには、首周りの骨感をカモフラージュする効果も♥

ざっくりカーディガンをバランス良く着こなせるのは「ナチュラルタイプ」

バランスの難しいロングニットカーディガンをカッコよくキメるのも、ナチュラルタイプさん♥ ざっくりとしたローゲージニットなら、しっかりとした骨格を優しくカバーしてくれる頼りになる一着に。シャツやスウェットなどに羽織るだけで、作りこみすぎない大人カジュアルを楽しめます。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。