季節の変わり目に重宝するライダースジャケット! 定番スタイルをスパイシーに変身させよう

最終更新日: 2019/11/12 by kaori

朝晩と日中の気温差が激しい季節の変わり目は、何を着ればいいのかと頭を悩ませますよね。コートにはまだ早すぎるけれどジャケットは堅苦しいし、かといってブルゾンではカジュアル過ぎる……。

そんな方におすすめしたいのが、ライダースジャケットです! カジュアルなスタイルも、ライダースのスパイシーな要素がプラスされることで、全体を大人っぽく引き締めてくれますよ。お手本スタイルを早速チェックしてみましょう。

小花柄×ライダースでスタイリッシュなモノトーンシックに決める

全体的にモノトーンでまとめたシックなスタイリングに、ライダースを羽織ることでスパイシーさが加わりスタイリッシュなコーデに一変。切れ味漂うスタイルでも、スカートの小花柄とブラックキャスケットが女っぽ寄りに導いてくれています。

足元にはローファーをチョイス。今季ローシューズを選ぶなら、どんなコーデにも合わせやすいビットローファーなどのクラシックシューズがおすすめです。

今季イチオシ! ティアードプリーツ×ライダースの甘辛MIX

今年イチオシなのは、変形デザインのプリーツスカートを取り入れたスタイル。ボリューム感があって存在が際立つティアードプリーツは、一枚で主役級のインパクトがあります。スカートだけではフェミニンな印象ですが、ライダースを羽織ると甘辛MIXのちょうどいいバランスに。

ベージュピンクのセットアップに合わせて、パンツスタイルをきれいめに

いつもの装いに飽きてしまったら、トライしやすくて女性らしいベージュピンクをチョイスしてみましょう。ピンク系は苦手という方も、柔らかい質感のセットアップなら大人の気品溢れるスタイルに。

さらにライダースを合わせることで、簡単に甘辛MIXにアップデートしますよ。甘くなりすぎないように、ファーバッグやヒールで上手に足し引きするのがポイント。

羽織るだけでフーディなカジュアルスタイルも一気にトーンアップ!

ジャケットを羽織るからといって、きれいめな服を選ぶ必要はないというお手本コーディネートがこちら。フーディに合わせれば、ライダースジャケットをデイリーにも着こなせます。イメージとしては、Gジャンを羽織る感覚と同じチョイスでOK。「買ったはいいものの、合わせ方がわからなくて……」という方にもおすすめです!

大人世代にはロック過ぎずないホワイトライダースがおすすめ

ライダースといってもブラックばかりではありません。ネイビーのパンツにボーダーのトップスという定番なカジュアルスタイルにホワイトライダースを合わせるだけで、一気にフレッシュな大人スタイルに変身。ジャケット感覚で着回せるので、ライダースが苦手な大人世代でもトライできますよ。

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。