ピンク色ボトムスが気になる! おしゃれに見えるカラーコーデをマスターしましょ♪

最終更新日: 2019/11/13 by watabe

「10代~20代の頃は甘過ぎてうまく着こなせないと思っていたピンクだけど、大人になった今、なぜかすごく気になる存在」そんな風に感じる方が多いみたい。大人の魅力を手にいれたときこそ、ピンクをおしゃれに着こなすチャンスなんです。

とはいっても、主張の強いピンクアイテムはなかなか手を出しにくいですよね。そんなときは、コーデに投入しやすい「ピンク色ボトムス」がおすすめです。

今回は、ピンク色ボトムスをおしゃれに着こなすカラーコーデ術をご紹介します。ぜひTRYしてみてくださいね。

ピンク色ボトムス×ホワイトの組み合わせコーデ

ピンク色ボトムス×ホワイトの組み合わせは、女性らしいピュアな儚さを演出してくれるカラーコーディネート。くすみ感のあるピンクやピンクベージュを選んで、大人っぽく着こなすのがおすすめです。

あえてマキシ丈スカートでゆるっと着こなしたり、フラットシューズで力を抜いたり……。こなれ感を漂わせるのがおしゃれ見えの秘けつです。

ピンク色ボトムス×ベージュの組み合わせコーデ

ピンク色ボトムス×ベージュの組み合わせは、甘めなカラーリングだからあえてカジュアルに振るのが◎。

こちらは、ピンクのクロップドパンツにスニーカーやキャスケットを合わせて、ほんのりカジュアルにコーデ。メンズっぽい着こなしでも、色合いで女性らしさを表現できるのでバランスアップは間違いなし!

ピンク色ボトムス×グレーの組み合わせコーデ

ピンク色ボトムス×グレーのカラーコーデは、大人の余裕たっぷりな着こなしが実現できる組み合わせ。甘いピンクをグレーで優しく引き締めることで、知的で洗練されたレディスタイルに仕上がります。

濃いめグレーならよりスタイリッシュに、淡いグレーならフェミニンに仕上がるので、なりたいイメージに合わせて濃淡の調整をしてみてくださいね。

ピンク色ボトムス×ブラックの組み合わせコーデ

ピンク色ボトムスに挑戦してみたいけれど、甘ったるいコーデは苦手。そんな方は迷わずブラックと組み合わせてみてください。

ブラックで引き締めてメリハリをつけることで、甘いピンクもシャープな印象にシフトします。きれいめもカジュアルもいける意外と万能なカラーコーデなので、ぜひ試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。