入学式にも着回しOK! 何度でも着たい「卒業式・卒園式」のとっておきコーデ♪

お子様だけではなく、ママにとっても特別な卒業式や卒園式。そんな大切な一日は、とっておきのフォーマルスタイルで迎えたいですよね。

また、悩みに悩んだ服装は、できれば入学式にも着回したいもの。そこで大切なポイントは「華やかさ」です。今回は、何度でも着たくなるような卒業式・卒園式コーデをたっぷりと集めてみました♪

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 1】ツイード素材できれいめに

上品な卒業式・卒園式コーデを楽しみたいなら、ツイード素材のアイテムがおすすめ。セットアップをチョイスすれば、コーディネートいらずでおしゃれが決まるので楽チンです♪

トップスにあしらわれたフリルデザインがアクセントになり、シンプルながら周りに差のつくスタイリングに。明るいグレーカラーは華やかさも抜群なので、入学式にも着回しできますよ。

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 2】ホワイトカラーで顔まわりを明るく

全体をモノトーンカラーで統一すれば、スタイリッシュな卒業式・卒園式コーデが完成します。顔まわりに光を集めるホワイトを持ってくることで、表情がきれいに見えるほか、華やぐ雰囲気になり入学式用としても着回せますよ。

ボトムスにスカートを合わせるなら、きちんと感のあるひざ丈を選ぶのが、フォーマルなセレモニーシーンの鉄則。ヌーディーなベージュのパンプスによって、女性らしさもアップしていますね♪

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 3】ワンポイントになるコサージュ使い

卒業式・卒園式コーデはアクセサリー選びが難しいものですが、迷ったときにおすすめなのがワンポイントになるコサージュです。フォーマルさをきちんと押さえながら、全体のおしゃれ度をグッと引き上げることができますよ。

春の雰囲気にもマッチするベージュのコサージュは、入学式にもそのまま使えるのが嬉しいポイント。ホワイトのスーツとの柔らかなコントラストが、「優しいお母さん」を印象付けてくれそうです♡

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 4】パンツを取り入れてスタイルアップ

「足を出すのはちょっと……」というママさんは、レッグラインをカバーできるパンツスタイルがおすすめ。オフィス用のテーパードパンツに、クラス感のあるジャケットを合わせれば、手持ちアイテムでもおしゃれな卒業式・卒園式コーデが楽しめます♪

まだ寒い卒業式・卒園式にはアウターを合わせて、桜が咲き始める入学式にはジャケットだけで着こなすのも素敵。ツイード素材やパイピングなどジャケット自体のデザイン性が高く、シンプルな組み合わせでも洒落見えが実現していますね。

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 5】フレアデザインなら暗色スーツも華やかに

卒業・卒園式はダークカラーのアイテムが定番ですよね。暗めのコーデを入学式にも着回すなら、デザインで華やかさをプラスするのが正解です。

ふわっとしたラインが美しいフレアトップスは、着こなしにエレガントなムードをもたらす優秀選手。スナップでは明るい色味のネックレスを追加し、オールブラックの配色にアクセントを加えているのもおしゃれですね♪

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 6】どんなシーンにも馴染むベージュカラー

卒業・卒園式から入学式まで使えるアイテムをお探しなら、ベージュカラーに注目してみましょう。柔らかさの中にもきちんと感があり、正統派なセレモニーコーデが楽しめます。

ベージュは合わせる色味を選ばないので、どんなインナーでもおしゃれに仕上がるのが嬉しいポイント。「卒業・卒園式は控えめなグレー」「入学式は華やかなホワイト」のように、インナー次第で印象をガラッと変えられますよ。

【入学式×卒業・卒園式ママコーデ: 7】視線を集めるレースブラウス

落ち着きのあるブラウスを1枚持っておくと、あらゆるシーンに着回せるので重宝します。中でも華やかなレースブラウスは「晴れの日らしさ」を演出したいときに大活躍。着こなしに存在感を与え、「おしゃれなママ」のイメージに導いてくれますよ。

デザインの主張が強いので、派手になりすぎないよう、ジャケット・ボトムス・小物をシックにまとめるのがポイントです。

2020年2月13日 公開
2021年5月11日 更新


「卒業式・卒園式」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

山本茉莉

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。