Tシャツをおしゃれに着こなせない……。その原因と解決法を伝授します!

Tシャツは身近な存在でありながら「地味に見える」「野暮ったくなる」「着太りしてしまう」など、オシャレに仕上げるのが難しいと感じている方も多い様子。#CBKモデルを参考に、自分に似合うTシャツの選び方や着こなしのテクニックを一緒に学んでいきましょう。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

その1: Tシャツのサイズを確認

Tシャツコーデがしっくりこないのは、そもそも体のサイズと合っていないのが原因かも。Tシャツを試着することは、確かにボトムよりも抵抗感がありますよね。しかし表記は同じ “ M・L “ でも、ブランドやデザインで実際のサイズ感は大きく変わるんです。可能であればしっかりと試着をして、ジャストフィットするか確かめましょう。

サイズは合ってる、でもやっぱり似合わない……と感じたときこそ、自分に似合うシルエットを見つけるチャンス! どの部分が似合わないのかを観察してみましょう。解決法は意外と簡単に見つかりますよ。

例えば、手足が大きい方や肩骨がしっかりしている方は、スナップのようなゆったりとしたサイズ感がよく似合います。反対に首が短いとお悩みの方やグラマーさんは、実際よりも着太りしやすいので、ビッグシルエットは避けたほうが無難かもしれません。

その2: Tシャツをスッキリ見せたい! Vネックでシャープな印象に

「首が短い」「バスト位置が高い」という方がTシャツで着太りする原因は、クルーネックなど首元が詰まったデザインを選んでいるからかも。そこで深めに開いたVネックが解決に導きます!

上半身に抜け感が出ることで重心が下がり、スナップのように首がすらっと長く、顔まわりはすっきりとした印象に。また、肩のシルエットも重要なポイントです。ドロップショルダーや肩のラインが内側に入っているタイプではなく、繋ぎ目が真っすぐなTシャツを選ぶのがコツ。さらなる美を構築してくれますよ。

その3: 「着られてる感」を解決! Tシャツ袖のロールアップで重心を引き上げる

肩が外側に落ちたドロップショルダーやゆったりしたサイズのTシャツは、「服に着られてる感」があるから苦手……。そんなときはTシャツの袖をロールアップして、肌見せの面積を増やすのが正解です!

スナップのように重心が上がり、こなれたTシャツスタイルを獲得できますよ。さらに本来のウエストラインよりも少しだけ上の位置でトップスインすると、スタイルアップを加速させてくれます。

その4: Tシャツの地味見え解消! アクセサリーで華を添える

Tシャツを着るとなんだか地味な印象に見える……。そんなときは、アクセントにネックレスを添えるのも手♥ スナップのように華やかなムードが漂う、大人カジュアルなスタイルをお約束します。

短めのネックレスに違和感を覚えたら、チェーンの長いタイプを着けてみて! 上半身に厚みのある方はみぞおち付近までの長さを、手足が大きく骨っぽさがある方は、さらに長いネックレスがベストサイズです。ネックレス以外には、スカーフで女性らしい雰囲気を高めるのも季節感があり、オシャレですよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。