「おしゃれに悩む40代」の疑問に答えます! 店員さんには聞けないQ&A集

「カジュアルスタイルが好きだけど、上品さも大事にしたい!」今回は、そんなお悩みをお持ちの40代へ向けた特集記事。ベーシックなアイテムを品よく着こなすコツや、オトナ女性ならではのバランスを意識したスタイリング術をご紹介します♪

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

40代がくすまない色って?

40代のトップスには表情がパッと明るくなる「定番の白」、もしくは「深みのあるハッキリとしたカラー」がおすすめです。白以外は単なる原色だとカジュアルに見えすぎることも。温かみのある濃厚な色を選ぶことで、上品なイメージに仕上がります!

また、秋になると「くすみカラー」が気になるところですが、グッとこらえてボトムスやソックスで取り入れてみてください。顔の近くに配置すると、髪色やメイクによってはボヤけた印象に。トレンドカラーといえど、まずは慎重に足元から挑戦♪ 似合う色味を研究していきましょう。

40代の黒Tシャツってどう着ればいい?

何を合わせても普段着に見えがちな黒Tシャツ。40代が着るなら「ツルッとした生地&タイトなサイズ感」を選び、きちんと感を意識しましょう。

着こなしはボリュームのあるスカートなど、女性らしいボトムと合わせるのが吉。パールのアクセサリーや華やかなサンダルを合わせればフェミニンな印象に、シルバーアクセサリー+スニーカーで外せばモードカジュアルに。Tシャツの選び方さえ押さえれば、どんな系統にもアレンジ可能です♪

40代の靴下×バレエシューズ、どう合わせる?

バレエシューズには鉄板の白ソックス! 万能な組み合わせですが、取り入れ方には注意が必要です。

40代が履きこなすなら「メンズライクなコーデのハズし」として使うのがGOOD。デニムやベイカーパンツなど、無骨なイメージのパンツと合わせて全体のバランスをとりましょう。

スカートを合わせる場合、チュールやレース系は避けた方がベター。フェミニン要素が強く、可愛すぎる印象を与えます。チノやデニムなどの硬め素材、かつタイトシルエットかAラインを選んでみてください♪

40代のノースリーブってOK?

40代が着るノースリーブでは、「首元の露出度」と「素材選び」を意識してみて。

腕を出している分、鎖骨が見えているとかなり若い印象に見えるため、首元が詰まったデザインを意識しつつ、ニットやブラウス生地など目の細かい素材を選んでいきましょう。この二つを意識するだけで、上品な着こなしにグッと近づくことができます!

またスナップのように、お手持ちのストールやトレンドのシアーシャツを重ねるアレンジもおすすめ。ストールの隙間から肩がチラッと見えたり、シアー素材で影ができたりすることで、気になる二の腕も華奢に見せることができます♪


「40代」の関連記事>>>
The following two tabs change content below.
ピンコ

ピンコ

スニーカーショップの販売を経験後、web関係の会社へ。ファッション好きが高じて雑誌のメディアで執筆するなど、会社員の傍らライティング修行中。私服は365日パンツスタイル、生粋のボーイッシュ派です!