「ホワイトブーツ」っておしゃれ上級者向け? 誰でもマネできる取り入れ方を教えます!

2020年も注目を浴びている「ホワイトブーツ」。おしゃれに見えると話題ですが、同じホワイトでもパンプスやスニーカーは合わせやすいのに、ブーツになると足元にボリュームが出る分、難易度が高く感じませんか。

そう思ってなかなか手が出ない人でも大丈夫。この記事では、気軽にマネできるコーディネートのポイントをお教えします。

【1】ホワイトブーツを「ブラックコーデ」に映えさせる

寒くなると暗い色を着る頻度がグッと高くなる方も多いですよね。ブラックをはじめとする「ダークカラーコーデ」にはホワイトブーツが好相性。野暮ったく見えがちな暗色も、ホワイトブーツのおかげで抜け感が生まれ、ワンランク上の洗練された着こなしに。

【2】ホワイトブーツを「シンプルなパンツスタイル」に合わせてみる

オールシーズン活躍する「ブラックパンツ」ですが、秋冬はニットとのワンツーコーデでは物足りないときも。そんなときホワイトブーツを履くだけで、シンプルの中にも洗練さが際立つ着こなしに。足元からパッと華やぎます。

【3】「ロングスカート」とホワイトブーツを合わせてスッキリと

寒さが増すとますます難しくなってくる「ロングスカートの足元問題」。ブーツやスニーカーだとモサッとして見えたり、かといってぺたんこ靴だと寒かったりして、思うようにならないことも。
「ホワイトブーツ」ならそんな悩みは無用。ロング丈スカートであっても足元はスッキリ、ボトムをおしゃれに引き立てます。

【4】「柄アイテム」と合わせて、ほっこり見えを回避する

秋冬になると着たくなる花柄ですが、ほっこり見えがちでもあります。しかしホワイトブーツを合わせると、花柄のワンピースやスカートがトレンド感のある着こなしに。ヴィンテージライクな花柄であっても今っぽく落とし込めます。

【5】「ニュアンスカラーコーデ」に投入して、ぼんやり感を払しょく!

「ニュアンスカラーのコーディネート」は色のコントラストがない分、ぼやけた印象に見えやすいのが難点。ホワイトブーツならスタイリングにしっかり馴染みつつも、シャープなムードであか抜けた仕上がりに。配色のお悩みもシューズ一つで解決できます。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡