「プチプラ」をプチプラに見せないコーデ術。natsumiさんから学ぶオシャレのテクニック

プチプラなアイテムは魅力的だけれど、チープに見えるのが嫌。安っぽく見せず、おしゃれに仕上げるにはどうすればいいんだろう? そう思う人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、プチプラコーデが得意な#CBKモデル「natsumiさん」の着こなしをピックアップ。おしゃれテクニックをズバリ盗んでいきたいと思います。

「エクリュカラー」でまとめたコーデ&レイヤードが鍵

こちらのコーディネートは、上下GU(ジーユー)、小物はGRL(グレイル)と全身プチプラですが、そうは見えません。そのポイントは「エクリュカラーでまとめていること&レイヤード」にあり。

というのも、人気のワントーンコーデにはあか抜け感が得られるだけでなく、高見え効果もあるんです。またニットベストとシャツを重ねることで手を加えている感が出て、おしゃれな印象に。

「ドッキングアイテム」を駆使してこなれ見え

お次はGU(ジーユー)のドッキングトップスを取り入れたコーディネート。シャツとベストをレイヤードしているかのようなドッキングのデザインは、プチプラであっても1点投入でおしゃれに見せてくれます。

ベーシックなアイテムは端正に着こなす

高見えするプチプラコーデはカジュアルだけに留まりません。例えば、しまむらのホワイトブラウスにGU(ジーユー)のデニムパンツを合わせた、こちらのシンプルなコーディネート。ベーシックなアイテムをあえてすっきりと端正にまとめることで、プチプラ感のないシックな雰囲気を作り出せます。

チェック柄は落ち着き感のあるコーデで大人顔に

プチプラな柄物も、工夫次第で一気におしゃれ見えします。こちらはGU(ジーユー)のトップスに、しまむらのチェック柄スカートをコーデ。落ち着いた色味でまとめるとプチプラの柄物もチープに見えず、大人っぽいクラス感を演出できます。

デニムパンツは黒ブラウスで大人フェミニンな表情に

最後はfifth(フィフス)のブラウスに、UNIQLO(ユニクロ)のデニムパンツを合わせたコーディネート。定番のデニムにはブラックブラウスを合わせて、フェミニンだけど大人っぽく導いて高見えに。

またプチプラのブラウスはホワイトよりも「ブラック」を選ぶ方が失敗しにくいです。素材感が気になりにくく、チープに見えない着こなしに。


「GU(ジーユー)」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡