春だから「ピンク」が着たい! 大人っぽく取り入れるならどんなコーデが正解?

春といえば桜。桜といえばピンク! この季節になるとピンクの服を着たくなりませんか? 淡いトーンやビビッドなカラーなど、色合いで雰囲気もだいぶ違って見えるのが、この色の面白さ。

しかし、甘すぎないコーデを作るにはどうしたらいいのか悩んでしまうことも。今回は「大人のためのピンクコーデ」をご紹介します。

「ピンク×ピンク」が目を引く上級者コーデ!

「ペールピンク」のノーカラーロングコートに合わせたのは、今季らしい「ビビッドなピンク」のクロップドパンツ! 異なるピンクがミックスされた上級者感漂うコーデです。

トップスにプレーンなホワイトのノーカラーブラウスなどを合わせれば、甘すぎず上品な印象に。ピンクコーデとはいえデザインはシンプルだから、小物でアクセントを添えてみましょう。

ゆるVニットの「ピンクカーディガン」を、1枚で大人っぽく着こなす!

ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットがこなれ感漂う、Vネックのピンクニットカーディガン。羽織りにも便利なアイテムだけど、あえてボタンを留めて一枚で着こなせば、大人フェミニンなコーデに仕上がります。

ボトムスには、フィット感のあるハイウエストホワイトパンツをチョイス。さらにベビーピンクが可愛いバッグをプラスして、レディムードたっぷりに仕上げるのが素敵です!

「シャイニーピンク」が気分を盛り上げる!

ほんのりシャイニーな風合いが美しい「ピンクのサテンパンツ」は今季旬なアイテム。ホワイトブラウス×ベージュのロングコートを合わせたシンプルな装いを、華やかに盛り上げてくれるのが魅力です。

ベージュやブラウンなどのアイテムに、ピンクをさりげなく馴染ませるコーデ配色は、大人にもマネしやすいはず!

「ベージュピンク」ならデイリーに大活躍!

甘さ控えめな「ベージュピンク」ならデイリーコーデに取り入れやすいのでは?

メロウ仕上げのハイネックが可愛さをキープするベージュピンクのプルオーバーは、単体ではもちろんボリュームニットやワンピースなどのインナーにも大活躍してくれそう。ビビッドなオレンジのパンツと合わせれば、おしゃれムードたっぷりのコーデに仕上がります。


「ピンク」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

bossa

学生時代から女性誌のライターアシスタントを数年、その後男性情報誌を手掛ける出版社で広告記事作成などに携わる。現在はファッションメディアを中心としたフリーライターとして活動中。