まるでスイーツみたいな可愛さ♡ 「ホワイト×ピンク」を大人に着るレシピ教えます!

2021年は「ピンク」の当たり年! トップスにボトムにとアイテム展開が豊富なので、狙っている方も多いのでは? ふんわり甘くて可愛らしいピンクは、思わず心がときめく特別な色味ですよね。

そのピンクをコーディネートする際に、欠かせない相棒カラーが「ホワイト」。失敗のない王道配色だから着こなしが存分に楽しめますよ。

そこで今回は「ホワイト×ピンク」の配色で作る大人の甘めカジュアルなコーデレシピを伝授! デザインから素材まで選び方を含めて、今っぽい空気感を出すポイントをお伝えします。

ホワイト×ピンク×きれいめ:甘さ控えめな都会派ルックに

ホワイト×ピンクの服装は甘すぎる……という方にプッシュしたいのが、こちらの着こなし。凛とした雰囲気がある白ブラウスに、きれいめシルエットのパンツを合わせてみてください。色味の可愛らしさはそのままに、シャープな要素がプラスされたバランス抜群なスタイルが完成!

小物もシンプルにすることで、ミニマルで都会的な空気感のあるルックに決まります。

ホワイト×ピンク×ボーダー柄:カジュアル要素を足して抜け感を

フェミニン派の王道配色とも言える「ホワイト×ピンク」。アイテムによっては、女性的すぎるスタイリングになってしまうので注意が必要です。今年らしいラフな雰囲気のあるコーデにトライするなら、定番のカジュアルアイテムをMIXするのがおすすめ。

例えば、オーソドックスなボーダートップスにピンクを合わせると、程よい抜けを感じるコーデに。スタイリングを2色でまとめるのも、洗練度をアップさせるコツです。

ホワイト×ピンク×リネン:ふんわりシルエットには素朴さをブレンド

ふんわりとしたシルエットのトップスやスカートを着る場合、コーデの色味をホワイト×ピンクにするとかなり甘いイメージになりますよね。そこでひと工夫したいのが「素材選び」です。

シフォンなど甘さを助長させる素材ではなく、あえて素朴なリネンを合わせることでスイート感がちょうどいい塩梅に。大人の雰囲気を出したいときは、ファブリックに目を向けてみるのも着こなしがうまくいく方法です。

ホワイト×ピンク×細身パンツ:キリリとマニッシュに着る

あえてマニッシュ感のあるスタイルで「ホワイト×ピンク」の配色を使ってみるのも、おすすめのコーデ術。シャープな印象のテーパードパンツに、こなれ要素のあるスリット入りプルオーバーを合わせれば、甘さの中にもキリッとした表情を感じさせるスタイルが完成します。

さらに、白のカーディガンを肩掛けしてアクセントを作ったモデルさんの技も見逃せません。目線アップに繋がりスタイルがよく見えますよ。

The following two tabs change content below.

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。