「40代50代のカジュアルな夏服」とは? 楽ちん×オシャレを両立する、大人のサマーコーデ♪

大人の夏服は「楽ちん」と「おしゃれ」を両立しにくいもの。夏のカジュアルコーデを40代50代が素敵に着こなすにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、#CBKの人気モデル・園部知美さんのカジュアルコーデをご紹介します♪

プリントTシャツにはボリューミーなスカートを合わせて

40代50代の「プリントTシャツ」には量感と丈感のあるスカートに合わせて、地味見えを解消。白やブルー色で取り入れると、ボリューミーなスカートでも重たく見えず、爽やかな季節感が加わります。

ボトムインしたくない派さんは、長すぎない丈のTシャツをチョイス。トップスアウトの着こなしがサマになり、コーデが簡単に決まります。

ハイネックの黒Tシャツが断然使える!

「ハイネックの黒Tシャツ」は40代50代にぴったりのアイテム。年齢が出やすい首をしっかりカバーしつつ、シックで大人っぽい雰囲気が加わります。

ここで旬のフレンチスリーブを選んだ場合は、フレアスカートやティアードスカートをプラス。二の腕からお目立ちなスカートに視線が流れて、腕の露出を目立たせません。

トレンドのプリーツ袖やフレア袖ブラウスで、おしゃれに二の腕カバー

ボリューム袖は今シーズンのトレンドですが、パフスリーブやキャンディスリーブといったふっくらした袖のブラウスは若作り感が出がち。

そこで、40代50代には「プリーツ袖・フレア袖」のブラウスがおすすめです。袖に丸みがないので可愛らしくなりすぎず、スッキリとした涼しげな雰囲気に。広がった袖は二の腕カバーにも役立ちますよ♪

楽ちんなのにおしゃれ見えするサロペットパンツ

楽ちんなのにおしゃれ見えするのが「サロペットパンツ」。胸当てがないサスペンダー風のデザインなら子どもっぽさを感じさせず、こなれた印象に見えます。

またハイウエスト仕立てであれば、腰の位置が上がって脚が長く見える効果アリ! トップスに合わせるだけなので、テクニック不要でおしゃれなコーディネートが楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。