40代50代のシンプルなパンツスタイル。おしゃれに楽しむ、大人の洗練コーデ集

動きやすくて脚のラインが自然にカバーできる「パンツ」は大人世代のファッションに欠かせないアイテム。ポイントを押さえて、もっとおしゃれに楽しんでみませんか?

今回ご紹介するのは「40代50代向けのシンプルなパンツスタイル」。#CBKの人気モデル・Kyokoさんのスナップを参考に、おしゃれなパンツの着こなし方を学んでいきましょう!

おすすめは「基本カラー&カッティングのきれいなスラックス」

40代50代のシンプルなパンツコーデにおすすめしたいのが、「カッティングのきれいなスラックス」。洗練されたシルエットのパンツを選べば、ゆったりしたシルエットでもダラしなく見えず、端正なルックスをつくれます。

さらに黒やチャコールグレー、ベージュなど基本カラーで取り入れると着回しやすさがアップ。毎日のコーディネートに活用できますよ♪

センタープレスのスラックスには「シンプルなトップス」を合わせて

カッチリしたムードの「センタープレスのスラックス」は、あえてカジュアルなトップスに合わせてラフなスタイルに。

シンプルなプルオーバーにパンツのきちんと感が加わり、おしゃれな大人カジュアルに決まります。

「黒のパンツ×キレイ色のトップス」でコントラストを効かせて

ベーシックな黒のパンツには、キレイ色のトップスを投入。例えば、くすみのないパープルのニットやグリーンのカーディガンなら華やかな色味が引き立ち、洗練された印象に決まります。

くっきりした色味のコントラストが生まれるのでコーデがボヤけず、顔映りもアップします。

カジュアルなパンツには「丈感の長いトップス」を合わせて、お尻まわりをカバー

カジュアルなパンツであれば、脚のラインを拾わないストレートシルエットが◎。丈感のあるトップスを組み合わせると、気になるお尻まわりまですっぽりカバーしてくれます。

このときトップスがサイドスリットやラウンドヘムのデザインであれば、裾出しの着こなしも簡単にサマ見え。コーディネートをルーズに見せません。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。