オシャレってなに? 迷走モードの大人が”最速でオシャレになる”裏技

「オシャレがよくわからない」と悩むことは多いもの。しかしファッションに正解はありません。なぜなら、オシャレは毎日を楽しくするための手段だから♡

鏡に映る自分が少しでも素敵に見えると、その日はずっとハッピーな気分で過ごせませんか? 「今日のコーデは可愛い、キレイ!」そんな風に思えたら、自信が持てるのはもちろん、意欲まで湧きそうです。

そこで今回は、最速でオシャレになるための「これだけ知っておけばOKなポイント」をご紹介します。ファッションが迷走モードに入っているとお悩みの大人女子、必見です!

ポイント1:服選びは「ボトム」から

ポイントさえ知っておけば誰でも簡単にオシャレに見えます。最低限の押さえどころは、服を買うときに【ボトム】から揃えること!

ついついボトムスより、手軽に買えるトップスから選ぶ人は多いのでは? 実はオシャレをする上で大事なのは、コーデの土台となるボトム。土台をしっかり作っておかないうちにトップスだけをコロコロと替えてしまうと、いつまで経ってもしっくりこない……、そんな現象に陥りかねません。

反対に、ボトムさえきちんと整っていれば、手持ちのトップスが生まれ変わります♡

パンツ選びのポイントは、ウエストではなく「ヒップ」のサイズで選ぶこと。ウエストのサイズに合わせて購入すると、ポケットが広がるほか、ヒップや太もものあたりに不要なシワができてコーデが野暮ったく見えます。

 

スカートの場合は「ふくらはぎが隠れる長い丈」がおすすめ。女性らしく着こなせるので、大人のマストアイテムとして用意しておいて。

ポイント2:「抜け感」を意識する

ポイント2点目は【抜け感】。コーデはキメ過ぎず程よくラフに着崩して、スタイリングに軽さを出すとオシャレ度がアップします。

例えばヘアースタイル。きちんとまとめて結ぶよりも、おくれ毛を出して無造作に仕上げた方がオシャレに見えますよ。

ファッションも同じ原理で、きちんとしていると堅苦しい印象を与えます。あえて着崩すことで、頑張ってない自然なオシャレ感を出すことが可能になるんです♡

押さえておきたいテクニックはこの二つ。


・3首見せ……首・手首・足首の「3つの首」のどれかをチラッと見せる。
・抜き襟……シャツの「襟」を後ろに引く。


スナップでは、抜け感テクニックである「3首見せ」「抜き襟」を同時に活用しています。もちろん、どちらかだけでも大丈夫! すごく簡単なおすすめテクニックなので、ぜひ試してみてくださいね。

ポイント3:主役を決めて「引き算」する

次にご紹介するポイントは【引き算コーデ】。せっかく買ったお気に入りのアイテムだからと、あれもこれもと足し算して組み合わせると、アイテム自体の魅力が半減してしまいます。

しかも全体がごちゃついてしまい、まとまりのない現象に。オシャレになりたいなら引き算してコーデを絞り込んでいきましょう。

例えば、トレンドのティアードブラウスを着こなすなら、他のアイテムはブラックのシンプルなデザインで控えめに。トップスを主役と決めてスタイリングすることで、スナップのようなちょうどいいバランスに仕上がります。

ポイント4:きれいめアイテムを「3分の2」投入する

押さえておきたいオシャレのポイント、最後は【テイストを一つに偏らせない】こと!

「スポーツMIX」や「甘辛コーデ」など、耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。スタイリングの際に、カジュアルだけ・甘いアイテムのみ……というように一つのテイストだけで組み合わせず、かつバランスをとることが大事なんです。

スナップの着こなしは、ジャケット×テーパードパンツと土台はきれいめスタイル。しかしインにロゴTシャツを合わせることで、こなれ感たっぷりな「きれいめカジュアル」に転換させています。

きれいめとカジュアルでテイストをMIXさせるときは、身に着けているものの「3分の2」はきれいめを選ぶのがコツ。トップス・ボトム・靴・小物……など、全アイテムのうち2点をきれいめにすると簡単に釣り合いがとれますよ。この秋、ぜひ実践してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。