【夏の通勤パンツのインナー対策】「下着が透ける・ラインが出る」を解消するコーデのコツ

夏の通勤服は薄着ゆえにコーデの難易度が高め。さらにパンツスタイルの場合は「透ける」「下着のラインが出てしまう」などお困りことに直結しがちです。

そこで今回は、夏の通勤におすすめのパンツコーデをご紹介。暑い季節ならではのお悩みは、選び方・着こなし方で解消していきましょう!

白のデニムパンツ|白パンツでも下着が透けず、ショーツラインを拾わない!

クリーンな白のパンツは、通勤服には便利だけど透け見えが心配。オフィスカジュアルがOKの職場なら【ホワイトデニムパンツ】がおすすめです。

厚手生地なので下着が透けず、ショーツラインを拾いません。半袖Tシャツとも相性バツグンなので、服の組み合わせがラク。忙しい朝でもスムーズに仕度ができますよ♪

きれいめ白パンツ|「ゆるめシルエット×ベージュ色シームレスショーツ」で徹底的に!

白パンツをきれいめに穿きたい方は【ゆったりとしたシルエット】を選ぶのが正解。お尻まわりがパツパツにならず、下着の食い込みを解消します。

透け対策には【ベージュ色のシームレスショーツ】を活用。色馴染みがいいので、淡いカラーパンツのインナー対策にイチ押しです。

黒色&ジョーゼット生地のスラックス|夏の安心パンツはコレ!

夏の通勤パンツに最適なのが、やはり「黒のパンツ」です。【ジョーゼット生地】で取り入れると、気になる透け見えと下着ラインの両方を解消。布に落ち感があるので着痩せ見えも叶いますよ!

きれいめ白ブラウス|トップスアウトしてお尻まわりをカバー

トップスで隠してしまうのも手。一枚でサマになる白ブラウスなら、トップスアウトして着ても上品です。

デザイン性の高い「ピンタック仕立て」「ペプラム切り替え」を選べば、裾を出してもダラしなく見えずきれいめに決まります。ブラウスのヒラリとした裾がお尻まわりをカバーするので、自然にインナー対策ができますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。