【40代50代の夏コーデ】「肌が出る服」はどう着ればいい? シンプルおしゃれなコーデのコツ

とにかく涼しく過ごしたい! そんな日はノースリーブやハーフパンツなど肌見せ服が外せませんが、大人の女性にとってはハードル高めですよね。40代50代がおしゃれに着こなすには、どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、48歳モデル「Kyokoさん」のシンプルおしゃれな着こなしを大特集。大人の女性に似合う肌見せ服のヒントを学んでいきましょう!

ノースリーブ → 襟が詰まったブラウスで取り入れる

夏の肌見せといえば「ノースリーブ」はその筆頭。40代50代が着るのなら、首が開いていないブラウスがおすすめです。

ハイネックやスタンドカラーなら、気になる首元をカバーしつつノースリーブが上品に。発色のいいピンク色のブラウスなら顔映りもよくなり、コーデが華やぎますよ。

ノースリーブの二の腕が気になる → ストールや肩掛けカーディガンをプラス

ノースリーブ服に「ストール」や「カーディガン」を羽織るのもおすすめの着こなし方。二の腕から視線が流れて、肌の露出をさりげなくカバーします。

シアートップス → メンズライクなパンツ&ベルトを合わせる

涼しげなシアートップスは、透け感を強調せずシンプルに着こなすのが大人流。そこで、透け見えしてもいいインナーとマニッシュなパンツを投入するのがおすすめです。さらにベルトをONするとコーデが引き締まり、きちんと感が加わりますよ♪

短パン → 黒のハーフパンツでモードに

今シーズンは短めパンツの当たり年。40代50代には「ひざ下丈のハーフパンツ」がお似合いです。とはいえ、カジュアルやナチュラルすぎるデザインは避けた方がベター。

おすすめなのは、かっちりとした黒のハーフパンツ。コーデをモノトーンカラーでまとめ上質なバッグを合わせるとモードな印象に。これなら若作り感なく、シックに決まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。