紫に合わない色ってある? おしゃれなパープル配色のコツ

「紫のお洋服や小物を使ってみたいけれど、色合わせが難しい……」「結局いつも無難な配色になっちゃう」

ちょっとインパクトのあるカラーだからこそ、紫の配色って意外と難しいですよね。でも大丈夫、合わない色を把握しておけば失敗も少なくなるはず。

そこで今回は、紫コーデの難易度が上がってしまう配色と、その解決法をご紹介します。

紫に合わない色ってある?

「紫に絶対合わない!」という色はありませんが、合わせるのがちょっと難しいと感じる色はあります。

・紫と補色の関係にある黄色や緑
・パキッとした発色鮮やかな原色系

このあたりは実際にコーデの中に使おうとすると、ちょっと難しいと感じやすい配色です。でも効果的に使うと、オシャレ度がぐっと上がる組み合わせでもあります!

紫×黄色・緑をオシャレに使うコツは?

補色(反対色)である紫と黄色・緑は、合わせるとかなりメリハリが出てインパクトのある配色に。だからこそ大きな面積でのコーデはちょっと難易度が高いですが、小さな面積で組み合わせることで、おしゃれなアクセントをつけることができます。

スナップでは、黄色スカートに紫のソックスを合わせてコーデのアクセントに。強い配色もアクセサリーのようにポイント使いすると、おしゃれに決まりますよ。

 

こちらは紫カーディガン×緑バッグのコーデ。小物で反対色を取り入れて、コーデのアクセントにしています。適度な肌見せやホワイトを投入し抜け感を作ることで、強い配色を落ち着かせる効果も。

紫×原色系をオシャレに使うコツは?

パキッとした発色鮮やかな原色系と紫を合わせるときは、なんにでも合うベーシックカラーを挟むのがおすすめ。黒・白・グレーといったニュートラルカラーのほか、柔らかく仕上げたいときにはベージュも使えます。

スナップのように、紫×原色にプラスしてベーシックカラーの面積を大きくとることで、難易度の高い配色もおしゃれに着こなせますよ。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。トレンド情報やスタイルアップ術、おしゃれに見える小技をご紹介していきます。