40代のきれいめカジュアル、秋冬コーデのコツとは? 覚えておくと便利な大人の着こなしポイント

40代になると「カジュアルコーデが今までのように似合わない」と感じませんか? 全身ラフな服装だと、おばさんっぽくないかとか、元気がなさそうに見えてるかもと心配に……。

実は、大人世代のカジュアルは少しきれいめにまとめるとちょうどいいんです。とはいえ、どんな風にコーデすればいいのか悩ましいところ。

そこで今回は、「40代のきれいめカジュアルコーデ・秋冬版」をご紹介。同世代おしゃれさんをお手本に、着こなし方のコツを見ていきましょう!

ワンピースとボトムの重ね着 → 違うテイストを組み合わせる

「ワンピースとボトムの重ね着」は40代の秋冬コーデにぴったり。体型カバーしつつ暖かく過ごせるのが嬉しいポイントです。

コーデのコツは、カジュアルなワンピースにはきれいめなスカートを、きれいめなワンピースにはカジュアルなパンツという風に、違うテイストを組み合わせること。シャレ感が加わり、ラフなレイヤードスタイルが大人っぽく決まります。

楽ちんパンツ → 「カッチリとしたトップス」を合わせる

はき心地がラクな「ジョガーパンツ」「スウェットパンツ」を40代が取り入れるときは、トップスはカッチリとしたものを選ぶのが正解。

例えばジャケットやトレンチコート、シャツを合わせればコーデがダラしなくならずきれいめ感がアップ。対してカジュアルなパンツが外しアイテムとなり、こなれた雰囲気を演出します。

デニムパンツ → 「大人っぽいロングコート」を羽織る

カジュアルアイテムの代表格「デニムパンツ」には大人っぽさを感じさせるアウターが効果的。ウールの「ノーカラーコート」「チェスターコート」「ガウンコート」といったアウターを羽織れば、きれいめカジュアルなスタイルが即完成。ラフなデニムパンツが40代のコーデにすんなり馴染みます。

カジュアルなアウター → 「きちんと感のあるボトム」を合わせる

「ボアジャケット」や「ダッフルコート」はカジュアルゆえに子どもっぽく見えてしまいがち。しかし、きちんと感のあるボトムとコーデすれば40代らしい装いにシフトします。プリーツスカートやセンタープレスパンツならスタイリングを引き締め、大人っぽくまとまりますよ。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。