それってシック? 地味? ”ダークトーン”を洗練コーデに仕上げる方法

秋になると、自然と手が伸びる”ダークトーン”。寒空にぴったりの深い色味は、秋冬の定番カラーです。
黒やネイビー、カーキを使ったコーディネートは、シックで素敵。ただし一歩間違うと「地味」になってしまう危険なカラーでもあります。
今回は、オシャレモデルのスナップからシックでスタイリッシュな「ダークトーンコーデ」をご紹介。
地味見えしない”コツ”をつかんで、定番カラーのコーデもオシャレに、華やかに♡

軽やかチュールスカートで”ブラック”もふんわりキュートに

今季も引き続き注目したい”カーキ”は、もちろんブラックとも相性抜群。
カッコよさが際立つ配色だからこそ、甘めなチュールスカートを配して、軽やかさと可愛さをプラスしてみて。
大人っぽさの中に、キュートな遊び心が詰まったスタイリングで、ダークトーンも華やかに決まります!

ビビッドなレッドを散りばめて、ほどよくゴージャスに

オシャレ度抜群の”オールブラックコーデ”だけど、黒のアイテムを使うだけではトレンドライクに仕上がりません。
ひねりの効いたアイテムを効果的に使って、アイキャッチなコーデを作ると◎
モデルさんのようなアクセントのあるトップスがない場合は、スカーフを巻いたりアクセントになるベルトを締めたりと、小技を効かせればOK!
最後は、足首を見せた”抜け感”のある足元で、オールブラックコーデも重見え感なく仕上がります。

”白”を差し色にフレッシュな「ダークトーンコーデ」を実現

夏の主役だった”ホワイト”は、秋冬は差し色として大活躍。
ネイビー×グレーの洗練配色は、ホワイトが相性抜群です。
小物で取り入れて、ダークトーンコーデにフレッシュな息吹を!

スポーティなアイテムを取り入れて”抜け感”をON

スポーティなアイテムは、それだけで軽やかなイメージを醸してくれます。ダークトーンコーデにぴったりのアイテムです。
ブルゾンやスニーカーなど、随所に配して、力の抜けた大人のスポーティコーデを実現させましょう♪

The following two tabs change content below.

AYA

祖母は和裁士、母は洋裁士という手芸大好き一家で育つ。 小さい頃からファッション雑誌が大好きで、現在でも数多のファッション誌を読み漁る毎日。 アパレル店員を経て、結婚・出産。 現在は、二児の子育てに奮闘しながら、Webライターとして活動中!