ファーアイテムのお手入れ方法、毛皮を美しく保つためのポイント


冬のファッションのマストアイテムであるファーやハラコ、きちんとお手入れしてますか?
ふわふわと美しく暖かなファーもエレガントなハラコも、汗やほこりなどの汚れを放置すると次第に毛並みや艶が悪くなってしまいます。
せっかくオシャレをして良いものを身に着けていても、ファーの状態が悪いとそれだけで少し残念な印象になることも。
今回は、定期的なお手入れでも季節の変わり目の衣替えでのお手入れとしてもおすすめしたいファーやハラコのお手入れ方法をご紹介します。
すてきなファーやハラコアイテムをいつまでも美しく保つためにぜひ参考にしてくださいね。

日常のお手入れには

日常のお手入れにはブラッシングが一番です。ファーやハラコをクリーニングするための、毛足の長い専用ブラシを用意します。コートやニットならハンガーに掛け丁寧にブラッシングし、竹串などを用いて汚れを取り除きます。においが気になる場合には、天然素材の除菌消臭スプレーなどを用いてケアをしましょう。

衣替えや定期的なお手入れには

ファーやハラコはレザーと同じく動物由来の素材ですが、そのお手入れ方法はレザーとは大きく異なります。ファーやハラコにクリーム系のクリーナーや栄養剤は基本的に使用しません。クリームが毛の隙間に残り、虫食いの原因となってしまうほか、ふんわりとした質感が損なわれてしまいます。

収納する際は湿気に注意


ファーやハラコのお手入れをする際には、ファーやハラコ専用の保護スプレーを使用しましょう。保護スプレーで水分や静電気を防ぐことによって、汚れの付着を防ぎます。クローゼットに長くしまっておく場合には、定期的に換気してカビを予防するのも良いでしょう。

汚れやほこり、雑菌が付着したままの収納は、虫食いや毛並みの悪化の原因となってしまいます。またファーやハラコは湿気にも弱いため、バッグなどをしまう際は除湿剤や定期的な換気を行うようにしましょう。

The following two tabs change content below.

otami

美容系雑誌の編集からIT業界に転じてwebデザインやコンテンツ作りに従事しています。ファッション/美容/文学が大好き。虎視眈々と海外進出の機を狙う28歳。