“Tシャツワンピース”でカジュアルおしゃれに蒸し暑さを乗り切ろう♪ お手本スタイル5選

蒸し暑い日が続いていますね。気温は高くないのに、じっとり汗をかいてしまう今の時期。コーディネートにお悩みの方も多いのでは?
そこでおすすめなのが、風通しのよいワンピーススタイル! 特にカットソー素材のTシャツワンピースなら、ゆったりとしたシルエットと楽な着心地で、汗対策もバッチリ◎ マタニティコーデにもぴったりなんです♪
ちょっと肌寒さを感じるときは、ロングカーディガンを羽織ったり、透け感が気になる方はレギンスパンツを合わせても◎
今回は、“おしゃれに蒸し暑さを乗り切る、Tシャツワンピースのお手本スタイル”を5つご紹介します。

オールブラックで大人っぽく◎ 小物でトレンド感をプラスした大人カジュアルスタイル♪

黒のTシャツワンピースにスポーツサンダルを合わせた、オールブラックコーディネート。
フレンチスリーブで大胆に腕を肌見せ。ノースリーブと違って、気になる肩幅をしっかりカバーできるのが嬉しいですね。
タイトめで大人っぽいワンピーススタイルに“抜け感”をプラスする、スポーツサンダルは今季ジワジワと人気を集めているアイテム。
ホワイトのキャンバストートバッグで、爽やかなイメージをプラス。トレンドの赤いバンダナがよいアクセントになっています。
多めの肌見せで、オールブラックコーデを夏らしく軽やかに仕上げた、大人カジュアルスタイルです。

ミモレ丈×レギパンが今年っぽい◎ スポーティカジュアルスタイル♪

ミモレ丈の白Tシャツワンピースにデニムレギンスを合わせた、カジュアルスタイル。
ミモレ丈に深いスリットが入ったデザインが今年らしいワンピース。後ろの方が長くなっているので、ふくらはぎまでおしゃれにカバーできるのも嬉しいポイント◎
ゆったりとしたシルエットなので、マタニティスタイルにもぴったりですね。
フレイドヘムのレギンスパンツで、トレンド感がさらにアップ!
adidasのアディレッタも、NIKEのベナッシと並ぶ人気急上昇中のサンダル。ホワイトで爽やかな“抜け感”をプラス。
リュックサックも合わせて、スポーティにアレンジしているのも◎
リラックス感のあるスタイルを、ヘアアレンジにバンダナを加えることでおしゃれなタウンコーデに格上げした、Tシャツワンピースのお手本スタイルです。

ブルーで涼感をプラス◎ ロングカーディガンを取り入れたナチュラルスタイル♪

ブルーのTシャツワンピースにブラックのロングカーディガンを合わせた、ナチュラルスタイル。
カジュアルなイメージが強いTシャツワンピースも、ロングカーディガンを取り入れることでグッときれいめシフト。冷房やUV対策にもおすすめです。ブラックで引きしめているので、着やせ効果もアップ!
丈感を合わせることで、すっきりとした着こなしに仕上がりますよ。
シルバーのコンフォートサンダルで、涼感はそのままに“こなれ感”をプラス。
ブルーで季節感ただよう爽やかなスタイルに仕上げた、この夏ぜひマネしたいちょっぴりガーリーなカジュアルスタイルです。

こなれたカジュアル感がおしゃれ◎ セレブ風ボーイライクスタイル♪

白のTシャツワンピースにフレイドヘムのスキニージーンズを合わせた、ボーイライクスタイル。
5分袖のビッグTシャツ風なデザインがボーイライクなTシャツワンピース。後ろが長いデザインなので、気になるヒップをカバーしながらスタイルアップも叶う、お役立ちアイテムです。
スキニージーンズはフレイドヘムが今年らしく、足首をチラ見せしているのも好バランス。
スニーカーでとことんボーイライクに仕上げているのも◎
首元のサングラスで、セレブ風に味つけ。
クラッチバッグが大人の女性らしさもプラスしてくれますよ。
ボーイライクスタイルを小物で大人セレブに格上げした、こなれカジュアルスタイルです。

ベレー帽でちょっぴりモードにアレンジ! カーキワンピースのマニッシュスタイル♪

カーキのTシャツワンピースにネイビーのスニーカーを合わせた、マニッシュスタイル。
膝下丈のTシャツワンピースは、あえて広がりのないIラインシルエットをチョイスするのが、今年らしく着こなすポイント◎ 女性らしさをキープしながらリラックス感をプラスできるので、グンと“こなれ感”のあるスタイルに仕上がるんです。
秋色のカーキをチョイスすれば、さらに大人っぽい仕上がりになって◎
ハットやキャップではなくベレー帽で、ちょっぴりモードなイメージをプラスしているのもとってもおしゃれ。
スニーカーとリュックで、ボーイライクに味つけ。
ネイビー×カーキのカラーコーデも新鮮な、ワンランク上のマニッシュスタイルです。

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。