短足が気になる人&足を長く見せたい人に♪ 足長見えコーディネート入門術♪

脚が短いと着こなしがすっきり決まらず、コーディネートが難しいと感じている方も多いのはないでしょうか? パンツしか穿けない男性と違って、多様なデザインアイテムがある女性には、脚を長く見せる着こなし方がたくさんあります!
今回は、脚が短い方&脚を長く見せたい方の「脚長見えコーディネート術」をご紹介します♪

※記事中のモデルさんたちはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考いただけると幸いです。

ハイウエストのパンツでウエスト位置を上に! 脚長見えコーディネート♪

脚を長く見せるてっとり早い方法は、”ウエスト位置が上にあるアイテムを着ること”。ハイウエストはパンツの布面積が長いことで、視覚的に脚が長く見えるメリットがあります♡

ハイウエストのパンツで脚を長く見せたい場合、ポイントになるのがトップスの丈。せっかくハイウエストのパンツを穿いても、長いトップスをパンツアウトして着こなしてしまうと逆効果に。スナップのようにパンツインするか、ショート丈トップスでハイウエストを見せる着こなしに♪

 

ウエスト位置を上げられるサッシュベルトも脚長見えの強い味方。コツはウエストの一番細い部分につけること。自然に脚を長く見せることができ、細い部分が強調され、細見え効果も狙えます♪

ウエストベルトが太め or 腰の位置が高めのジャンパースカートも脚長見え!

ハイウエストパンツと同じ理由で脚長効果を狙えるジャンパースカート。ウエストベルト布が幅広なため、ハイウエストのようにウエスト位置が上がって見えます♡ 腰の位置が高めのデザインのものもおすすめです。

脚長見せの定番・ストライプのパンツ♪ モノトーンカラーでさらにすっきり♪

脚長効果を狙うなら、ストライプ柄のパンツも定番ですね♪ パンツ部分が長く見えるように、トップスはショート丈のものがおすすめです。収縮色の黒トップス×膨張色の白パンツのカラーリングも、脚を長く見せる視覚効果があります♡

ロールアップジーンズ&パンプスで脚長効果を狙え!

ロールアップしたジーンズ×パンプスも見た目に脚が長く見える組み合わせ。パンツの裾から足首を見せ、パンプスで足の甲を見せることで、ひざ下を長くすっきりと見せることができます♡ スナップではトップスをゆるくインして着こなし、バランスのいいおしゃれコーデに仕上がっています♪

メリハリあるペプラムトップスで腰高見えに

キレイめ派さんにはペプラムトップスがおすすめ。ハイウエストの位置からフレアが広がるペプラム独特のデザインは、腰高見え効果バツグンです。

ウエスト切り替えをほっそり絞っているものだと、さらにスタイルアップ! 真っすぐなシルエットのパンツをプラスすれば、脚がすらりと高く見えるコーディネートが楽しめますよ♪

ハイウエストのスカートにぴったりめトップスをインして

腰高見えといえば、ハイウエストのスカートも押さえておきたいもの。ぴったりめのトップスをスカートにインすると、ハイウエストの部分がスッキリ見えて、スカートの面積が縦長見えに。

さらに体にフィットしたニットやプルオーバーを合わせることで、トップスがコンパクトにまとまり、レディライクな装いに仕上がります。

Iラインシルエットのボトム×ピンヒールの相乗効果で脚をスラリと長く

ロング丈のタイトスカートやセンタープレスが効いたワイドパンツも、実は脚長見え効果のあるアイテムです。

というのも、ストレートシルエットがIラインを強調。ここにトップスをインすると、ボトムの縦長シルエットが引き立ち、脚がすらりと長く見えます。

ピンヒールのブーティやサンダルで底上げすると、さらにスタイルアップが叶いますよ♪

Aラインシルエットのチュニック×ぴったりめパンツも使えるコーデ!

「ウエストマークが苦手」という方には、Aラインのチュニックとぴったりめパンツを使ったコーディネートがおすすめです。

素材にハリ感があるチュニックを選ぶと、ふわりとしたシルエットになり、上半身をすっぽりカバーしてウエスト部分をあいまいに。そこにタイトシルエットのパンツを合わせると、視覚的に脚が長く見える効果が狙えます!

さらにチュニックとパンツを黒色で揃えると、全身がつながって見え、コーディネートがスッキリまとまりますよ♪

2016年5月7日 公開
2017年3月17日 mamiko 更新
2017年7月25日 watabe 更新
2021年7月26日 karibusa 更新


#CBK magazineの人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。