40代50代は赤色をどう取り入れる? 派手&若作りに見えない、大人に似合う赤コーデ11選♪

そろそろ次シーズンのトレンドカラーが気になる時期ですね。2020-2021秋冬に注目したいのが「鮮やかなレッドカラー」。ブラックやキャメルなどの落ち着いた定番色が人気の一方で、カラフル色もトレンドとしてピックアップされています。

今回ご紹介するのは、派手感や若作り感のない大人の赤コーデ。「大人に似合う赤」をテーマに、40代50代の人気モデルさんの着こなしをチェックしていきましょう!

58歳モデル「あっこたんさん」は、シンプルコーデに赤アイテムを効かせるスタイル

ナチュラルなおしゃれが人気の58歳モデル「あっこたんさん」。モノトーンカラーやベージュ・インディゴ色など、定番カラーのシンプルなコーディネートに赤を効かせたスタイルがおしゃれな人気モデルです。

赤いパンツやニットをロングコートからチラッと覗かせて

単品だとお目立ちな赤いパンツやニットはコートからチラッと覗かせて、見える布面積を少なくすることで派手見えを解消。

ナチュラルなオフホワイトやベージュ色のアイテムに合われば、上品で明るい印象のスタイリングに仕上がります。

赤いソックスなら派手見えせず、差し色効果もバツグン

赤いカラーのアイテムでおすすめなのが、カジュアルなソックス。

パンツの裾から見える赤い靴下は、ちょっと見えるだけでも差し色効果バツグン。コーディネートのカラーを控えめにすることで、足元の赤いソックスが引き立ちます。

45歳モデル「momoさん」は大人っぽくてメリハリのある赤コーデ

大人シンプルな装いがおしゃれな45歳モデル「momoさん」。パキッと鮮やかな赤アイテムを使ったメリハリのあるコーディネートが特徴です。

顔まわりがパッと華やぐ赤色トップス

顔まわりがパッと華やぐ赤色トップスは、一点投入するだけで存在感たっぷり。

アクセサリーは控えめにして、シックな黒やネイビーのパンツでコーディネートを引き締めれば、お目立ちな赤トップスがサラリとシンプルに決まります。

きれいめな赤いバッグやシューズにはカジュアルなアイテムを投入

大人っぽい上質な赤いバッグやシューズは、全身きれいめコーデに取り込むと強くてキツイ印象になりがち。

スウェットやカジュアルなパンツなど、少し力を抜いたアイテムを組み合わせると適度なゆるさが加わり、おしゃれ上級者なコーディネートに仕上がります♪


「40代50代」の関連記事>>>
The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。