ほっそりさんの着こなし解決! 目指すのは貧相ではなく華奢見え♡

体型カバーのファッション記事では、着痩せの悩みがメジャーだからなのか、痩せ型さんのお悩み解決策はあまり特集されていませんよね。それだけに、着こなしに悩んでいるスレンダーさんが多い様子。そこで今回は「貧相ではなく華奢見え」を合言葉に、痩せ型さんの魅力を生かすコーデテクニックを4つご紹介します。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【生地】ハリ感や厚みのある素材を味方に

体のラインを拾わない「肉厚な生地」が着膨れしないのは、痩せ型さんのスペシャル特権♡ スナップのようなボリュームがたっぷりとある袖が魅力的なスウェットだって、軽々と着こなせます。

さらにスタイリングにひと工夫を加えると、より美スタイルに。ゆったりシルエットで首筋や肩を覆いつつ、手首・足首を覗かせれば、貧相ではなく理想的な華奢コーデが叶いますよ。

【ボトムの丈】ひざを隠すと女っぽい印象に

じわじわとトレンドに浮上しているショートパンツ。痩せていることを隠したいのであれば、丈感に注意してセレクトを。ひざが見える丈は貧相な印象を与えたり、女性らしさが欠けてしまったりする恐れがあるので避けるのがベターです。

スナップのような、ショートパンツよりも長さのある「ハーフパンツ」がベストマッチ♡ 骨っぽさの出やすいひざが隠れることで、トレンドと女性らしさを同時に獲得します。

【デザイン】フリルやティアードで厚みをプラス

体に自然とボリュームが出るデザインも重宝します! スナップのような「ティアード」のアイテムは、上半身の細さを程よくカモフラージュする優秀な逸品。

ほかにはフリル、ギャザー、プリーツなども体の厚みを増して見せてくれますよ。こんなフェミニンなデザインでは落ち着いたブラウンやハンサムなカーキを選ぶと、甘さをセーブし大人の雰囲気を高めてくれるのでおすすめです。

【スタイリング】重ね着でボリュームアップ

真夏は暑くてやりにくかった重ね着スタイルが、たっぷり楽しめる秋がやってきました♪ タートルネックトップスとワンピースをレイヤードし、体に厚みをプラスするスタイルはこれからの季節にぴったり。骨や筋っぽさを一切感じさせない着こなしが、痩せ型さんのシャープなシルエットをおしゃれに生かすはずです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。