「肩幅」「いかり肩」が気になる……。体型カバーを叶えるアイテム選びは?

「いかり肩が気になる」「肩幅が広くてたくましい印象に見られる」……。水泳などスポーツをしていた方に多いお悩みではないでしょうか。今回は「肩」の体型カバーにスポットを当ててレクチャーします。

肩を目立たなくするためには、視線を横ではなく「縦」に誘導するのが大きな鍵! アイテム選びや着こなし方をチェックしてみましょう。

※記事中のモデルさんたちは皆さんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考いただけると幸いです。

【1:ネックデザイン】「VネックやUネック」を味方につける!

ニットが恋しくなる季節。タートルなど首が詰まったタイプは肩幅を強調しやすいため、避けるのがベターです。

スナップのような「縦に深いVネックやUネック」を選ぶと、肩から視線が逸れて上半身をスッキリとした印象に見えますよ。また、ぴったりしているトップスよりも、少しゆとりのあるサイズ感が華奢見えを叶えてくれるはずです。

【2:シャツ&ジャケット】前を開けて縦線を意識する!

ジャケットやシャツなどきちんとしたアイテムは、肩がしっかりしている人の得意分野! ここでは着こなし方をご紹介します。

スナップのように、シャツワンピースの「前を開けて視線を縦に流す」とさらに効果的。この方法は、首元の詰まったトップスなど肩が目立つデザインを着るときにも役立ちます。上からシャツやカーディガンを羽織って縦のラインを作ると、上手にまとまるはずですよ♡

【3:アクセサリー】ネックレスが視線を遮断!

顔まわりがパッと華やぐ「ネックレス」も、肩幅縮小にお役立ち! 鎖骨から肩先にかけての視線を遮断し、女性らしいムード作りをアシストしてくれます。

ロングネックレスなら縦線がより強調されますが、スナップのような程よい長さのネックレスでもOK。体の中央にポイントを置くだけで、かっちり張った肩をカモフラージュするには十分効果的ですよ。長いネックレスは苦手と感じているママさんも、ぜひトライしてみて。

【4:ボトム】締め色がお役立ち!

最後にご紹介するのは、肩が強調されて上半身にボリュームが出やすい特徴をあえて生かす方法。上半身にデザイン性のあるアイテムを選んだ場合、ボトムはシャープなシルエットやダークカラーを使うのがマストです♡

スナップではインディゴブルーのスキニーデニムパンツをセレクト。ケープジャケットと作った「ゆる×ぴたコーデ」は、いかり肩さんの魅力が引き立つ絶妙なおしゃれバランスです!

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。