「レザー」をハード過ぎずオシャレに着こなすアイテム別コーデ【元デザイナーが解説】

ファッション業界にてデザイナーを経験、現在はライターとして活動中のm.NaNaさん。元デザイナーとしての目線をもとに、オシャレのコツについてご紹介いただきます。
第5回は【レザーをおしゃれに着こなすポイント】について。


2020年秋冬のトレンド素材である「レザー」。雑誌で見るととってもオシャレで着てみたいけれど、いざ試着してみると「なんだかハードで似合わない……?」と思う方も多いみたい。どうすればおしゃれなスナップのように着こなせるか気になりますよね。

そこでこの記事では、トレンドのレザーアイテムをハードになりすぎずに着こなすテクニックを元デザイナーが解説します。「スカート・パンツ・ジャケット」の3アイテムをベースにお届け。ぜひお気に入りのバランスを見つけてみてくださいね。

初心者さんにおすすめ「レザースカート」コーデ

レザーアイテム初心者さんには、圧倒的に「レザースカート」がおすすめです。スカートというレディなアイテムだからこそ、ハード過ぎないバランスが簡単に完成します。

こちらのスナップは、ブラウンのレザータイトスカートをロゴスウェットに合わせてカジュアルに。タイトスカートのレディさとブラウンのナチュラルな色合いで、ハードさを感じないおしゃれバランスが実現!

 

ブラックレザーのスカートを着てみたいけれどハードさが気になる……。それなら女性らしいシルエットの「プリーツスカート」を選ぶのがイチ押しです。実は以前レザーが流行ったときは、このプリーツスカートタイプが一番の売れ筋でした。レザーアイテムの中でも着こなしやすさはピカイチです。

 

こちらでは、全身ブラウンでまとめたワントーンコーデにレザースカートを投入。レザーのようなひとクセ素材を使うときは、色を引き算するとバランスが取りやすくなりますよ。

「レザーパンツ」と甘めアイテムの組み合わせでハードさを中和

レザーのパンツスタイルは、組み合わせるトップス次第で印象が決まります。ハードさを和らげるなら、「甘め&女っぽアイテム」を取り入れてみてください。

こちらは、ホワイトのふんわり甘めブラウスでレザーパンツのハードさを中和したコーデ。この「甘め×辛め」や「大人っぽい×幼い」など、相反するイメージのアイテムを組み合わせるテクニックは、おしゃれ見えの法則の一つ。ぜひ頭の片隅に置いてみてください。

 

キレイ色ニットでハードさを中和するのもおすすめです。こちらはパープルニットで大人レディな雰囲気に仕上げています。他にはパステル系カラーで可愛らしさを加えるのも◎。お好みのキレイ色ニットでぜひ試してみてください。

「レザージャケット」もレディなアイテムとの組み合わせが好バランス

今年はボトムスだけでなく「レザージャケット」のラインナップも豊富。顔に近くなるほどレザーのハードさは際立つので、こちらもレディなアイテムを使って辛さを和らげるのがおすすめです。

こちらは、オーバーサイズのシャツ型レザージャケットにプリーツワンピースを合わせてテイストをMIX。足元をあえてスニーカーでカジュアルダウンすると、親しみやすさが増してよりおしゃれなバランスに。

 

定番のライダースジャケットでは、フレアスカートとの組み合わせがやっぱりハードさ控えめな好バランスを作りやすいです。柄を取り入れることで、コーデ全体の奥行きアップも叶います。

【おまけ】フェイクレザーのお手入れ、どうする?

レザーアイテムを着てみたいけれど、お手入れが難しそうだから手が出ない……。そんな方に向けて、最後にフェイクレザーのお手入れ方法について少しおまけを。

欲しいアイテムを見つけたら、まずは洗濯表示の確認をしてみてください。手洗い表記になっていたら、水洗いが可能です。

そうでない場合は、硬く絞ったタオルで汚れを優しく拭き取り「陰干し」すればOKです。気が付いたときに少しお手入れをするだけで、汚れやカビからアイテムを守ることができますよ。

ぜひ、今年のトレンド素材「レザー」のコーデをとことん楽しんでくださいね。


これまでの連載記事
The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。