アラフォー以上はプリンセスドレスをもう着られない? 日常で叶える「ちょいカワ」の作り方

プリンセスドレスに憧れた少女時代。そして何歳になっても「カワイイのが好き!」 というのが大人女子の本音ですよね。

今回は、アラフォー以上の女性が日常ですんなり着こなせるガーリーアイテムにスポットを当ててみました。「ペプラム・リボン・ボリューム袖・ティアード」を攻略して、”ちょいカワ”な大人スタイルを叶えましょう♪

【ペプラムのトップス】シックなディテールで大人のエレガントを!

着るだけでレディなムードを漂わせるのが「ペプラム」の魔法♡

「ぺプラム」とは裾に向かってふわっと広がるレディ感たっぷりなデザインのこと。着るだけでエレガント、しかし甘さは程よくと女性の心を掴みます。

大人が選ぶときは次の2点を要チェック!


1. 「シックな色」や「ストライプ」を選んで甘さを抑える。
2. ペプラム部分のボリュームは「控え気味」に。


特にボリューミーなペプラムデザインだと子どもっぽいイメージになるため、吟味してくださいね。紹介した二つのポイントを押さえておけば、アラフォー以上の大人世代も素敵に着こなせるはずです。

【リボン】さりげなく取り入れるプチガーリー感がアラフォー以上の女性にマッチ♡

リボンはウエスト位置やバックスタイルで取り入れるのが大人流♡

「リボン」は女性の永遠のモチーフと言っても過言ではありません。しかし顔周りに近いところだと、どうしても子どもっぽく見えてしまうのも事実。

だったらリボンは、ウエストや背中側に配置してみて。大人世代が取り入れるハードルがグッと下がるはずです。リボンベルトでウエストマークするなど上手に使って、”ちょいカワ”なスタイルを手に入れましょう♪

【ボリューム袖トップス】ギャザーの位置を下げて大人仕様に転換!

プリンセスドレスのようなパフスリーブはもう着られない? ギャザーの位置にこだわれば問題解決です♡

30代を過ぎた頃からパフスリーブが似合わなくなったと感じる方が多い様子。「パフスリーブ」とは、肩先や袖口にギャザーを入れてボリュームを出すデザインのこと。特に肩部分にギャザーをたっぷり入れたアイテムは、少女のようなイメージがありますよね。

そこで大人世代が選ぶときは、ギャザーが肩先にではなく、ドロップショルダーの切り替え位置や袖口など下にあるタイプがおすすめです。ボリュームがあっても大人らしく素敵に着こなせますよ。

【ティアード】カジュアルを「ちょいカワ」で着こなせる大人のディテール

人気の甘い「ティアード」は、色選びとレイヤードスタイルで上手に取り入れて♡

ギャザーやフリルを段々に重ねた甘いデザインの「ティアード」は、夏頃から人気上昇中。アラフォー以上の大人女性が着こなすためには、色選びを重視しましょう。大人モードがキープできる「ブラック・グレー・ブラウン・ベージュ・カーキ」がおすすめです。

またワンピースでティアードを取り入れるなら、スキニーパンツとレイヤードして微糖に調整するとすんなり馴染みますよ♪


「アラフォー」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
ロザリンダ

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。