2021冬は「ボリュームマフラー」! 推しマフラーとカンタンな巻き方アレンジ12選♪

今シーズンは「肉厚&長めのマフラー」が人気。ボリューム感たっぷりなマフラー、どんな風に巻けばいいのでしょうか?

今回は、2021冬おすすめのマフラー&巻き方アレンジをご紹介します♪

長くて幅広・肉厚なマフラーで、カンタンおしゃれ見えに

レディース向けのマフラーはだいたい長さ160~180cmが標準サイズ。今シーズンは長さが200~220cm、幅広で肉厚なマフラーがトレンドに。

マフラーの長さが足りなかったり薄地だったりすると、巻き方だけではオシャレに見せるのが難しいことも。マフラーそのものにボリュームがあるのがポイントです。

顔が埋もれそう! ふわっと「ワンループ巻き」でかわいくアレンジ

長くて肉厚なマフラーなら、シンプルな「ワンループ巻き」でもこなれ感たっぷり。空気を含ませるようにふわっと巻くだけで、顔が埋もれてかわいいスタイリングに仕上がります。

オフホワイト色のマフラーを「ミラノ巻き」や「クロス巻き」で

人気の「ミラノ巻き」や「クロス巻き」は、長いマフラーならではのアレンジ。マフラーにオフホワイト色をチョイスすると顔映りがよく、肌がキレイに見える効果も期待できそう。

ふんわり「ボリューム巻き」で今っぽいスタイリングに

今シーズンおすすめなのが、襟足に高さを作ってゆるめに巻く「ボリューム巻き」。ダウンジャケットのようなもこもこしたアウターではなく、すっきりしたコートに合わせることでスマートに決まります。

ワンピースやニットにマフラーをぐるぐる巻くコーディネートもおすすめですよ♪

ニット地のマフラーはゆるっとナチュラルに

ニットのマフラーは生地に落ち感があるので、ウールやアクリルのマフラーのようにふわっとした巻き方にはなりません。そのため、ゆるっと自然に巻くのがポイント。

結び目がわかりやすいので、ささっとシンプルにアレンジすることで、ナチュラルなスタイリングに仕上がります。

 

いかがでしたか?

肉厚で長いマフラーは、カンタンなアレンジでも今っぽくおしゃれに見える優れもの。そのうえ首回りが暖かいから、冬のお出かけがちょっと楽しくなりそうですね♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。