「ゆったりニット×デニムパンツ」をアップデート! 簡単に今年らしさを叶える方法

つい手が伸びる「ゆったりニット×デニムパンツ」の組み合わせ、実はそろそろマンネリ気味……。そんなお悩みはありませんか? ニットの色やシルエットを替えたり、合わせる小物をチェンジしたりと、ちょっとしたアレンジで今っぽくブラッシュアップできますよ♡

今回は、「ゆる×ぴたなYライン」と「ゆる×ゆるのIライン」に分けて更新方法をご紹介。#CBKモデルのお手本スタイルから学んでみましょう。

【ゆる×ぴたYライン1】「裾フレアニット×ロングブーツ」で女らしく!

まずは、ゆったりニットにスキニーパンツを合わせて作る”Yラインコーデ”からブラッシュアップ。

最初にご紹介するのは、ベージュニットにブラックスキニーパンツを合わせた着こなし。素敵だけれど、おしゃれに仕上げるにはシンプルゆえ難易度が高く感じてしまいそう。そのお悩みはニットのデザインに注目すれば解決です。

裾に少し前後差のあるフレアデザインなら、簡単におしゃれで今っぽくキマりますよ。足元はロングブーツを選んでキレイめに統一し、美人度アップを狙って♡

【ゆる×ぴたYライン2】「ノルディックニット」で北欧の伝統スタイルを満喫!

モノトーンのシンプルなニットはちょっぴりつまらない……。そんなときは北欧の伝統柄「ノルディック」をモチーフにしたニットに挑戦してみて!

スナップのようなベーシックな配色を選べば、ほっこりしがちな柄物ニットも大人っぽく仕上がりますよ。スキニーパンツ&ショートブーツはブラックですっきりまとめるのがGOOD!

【ゆる×ぴたYライン3】今年らしい「カラーニット」を選ぶ!

モノトーンのタートルネックニットにデニムパンツを合わせる定番スタイル、ただ着るだけじゃ古臭く見える恐れも。しかし、同じニットでも華やかなカラーなら話は別です♡

モデルさんは、カラー展開が豊富なGU(ジーユー)の「ローゲージタートルネックセーター」からブルーを指名し、一気に今どきスタイルに。デニムのロールアップやネックレスなど、ちょっとした小ワザで差をつけてみましょう。

【ゆる×ゆるIライン】「Iライン」ならこなれ感たっぷりにスラリ見せ!

最後に、スキニーからワイドパンツにチェンジして作る”Iラインコーデ”をご紹介。マスターすれば「ニット×デニムパンツ」のおしゃれがより楽しめるはずです♪

スナップのように、上下ともゆるいアイテムを選ぶとシルエットがデコボコせず、スラリと華奢な体を連想させてくれますよ。シャツやシューズなどホワイトを軽やかに散りばめて、冬の着こなしにリズムを与えて。


「ニット」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。