「レザーの服」は何色を選ぶのがいい? 辛口・甘め・ナチュラルと自在にレザーを楽しむ方法

「レザーの服」と聞くとひと昔前まではハードなイメージでしたよね。いまは進化して日常に取り入れやすいアイテムが増えています。定番の黒はもちろん、ブラウンやベージュ、白などカラー展開も豊富。

またレザーは色によって印象が大きく変化。なかなか手が出せなかったという方も、似合う一枚がきっと見つかりますよ。今回はレザーをカラー別にお届け。着るだけでグッとハイセンスに仕上がるレザーアイテムに、ぜひ挑戦してみてくださいね。

「ベージュのレザー」でナチュラルに

ハードなテイストを着慣れていない方にとって、レザーはハードルの高さを感じますよね。「レザーアイテムだけ浮いて見える」そんなお悩みも多そう。そこでおすすめしたいのが「ベージュ」のレザーです。

ナチュラルにコーデに馴染むので抵抗なく着られます。さらには素材で遊ぶおもしろさも体感できますよ。ぜひベージュからレザーを始めてみてくださいね。

秋のはじまりに、こっくり可愛い「ブラウンのレザー」を

レザーの中でも秋に映えるのが「ブラウン」。ジャケットも使いやすいのですが、#CBKモデルのスナップではスカート着用率も高し!

レザーでありながらハードすぎず、シンプルなコーデでもおしゃれに見えるので、レザーに苦手意識がある方にもおすすめです。手持ちのアイテムと合わせるだけで、ワンランク上のスタイルが完成します。

フェミニン派さんは「白っぽレザーのスカート」で大人の甘さを

普段フェミニンなテイストをよく着る方には「ホワイト・アイボリー系」のレザースカートがイチ押し。素材のハードさが軽減され、大人の甘さがあるコーデに仕上がります。シンプルな服装をハイセンスにアップデートしたい日にもおすすめです。

定番「黒レザー」はパンツで着るのが新鮮!

レザーアイテムというとやっぱり黒が定番。取り入れるならぜひ「パンツ」で挑戦してみてください。難易度が高そうに思えますが、黒自体が王道のベーシックカラーなのでスムーズに取り入れられます。

さらにパンツなら、着こなしを辛口にまとめても甘めに振ってもOKなのが推しポイント。似たコーデばかりが続いているとお悩みの方は、ぜひレザーパンツに注目してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。