【ニット】着膨れ、ピタッと体のラインが出る…困ったときに便利なコーデのアイデア♪

ニットは寒い冬のマストアイテム。しかし意識して取り入れないと、着膨れなどバランスが崩れることがあるから注意が必要です。

そこで今回は、ニットをスタイルアップして着るテクニックを大特集。ボリュームニットからタイトなニットまで伝授するので、これを読めば美シルエットで楽しめますよ♪

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

着膨れが心配 → 「大胆な色」のニットを選ぶ

ニットは寒さから守ってくれる一方で着膨れが心配な大人は多いはず。実はそのニット、インパクトある色を選ぶだけで体型カバーが実現できるんです。大胆カラーの鮮やかな見た目が全身をスッキリとまとめてくれますよ♪

ショート丈のニット → 長め丈トップスと重ね着する

90年代ファッションの再ブームで、今季は「ショート丈のニット」が大人気! しかしウエストが強調されたり下半身が目立ってしまったりと、大人にとっては難易度がちょっぴり高めですよね。

そんなショート丈ニットは「レイヤードテクニック」で攻略可能。スナップのように長い丈のトップスと重ね着するのが大人の楽しみ方です。

ボリュームのあるニット → きれいめパンツを合わせる

「ボリュームニット」は今っぽさ全開だけれど、着膨れしやすいアイテムでもあります。スタイルアップするコツは「きれいめボトム」を合わせることにアリ!

おすすめはテーパードパンツやフレアパンツ。大人の抜け感あるニットコーデに仕上がります。

タイトなニット → 旬のジャンパースカートを合わせる

「タイトシルエットのニット」は暖かくてすっきりと着られるけれど、ボディラインが露骨に出てしまうのが悩みどころ。しかし、その悩みは旬の「ジャンパースカート」が解決してくれます! 重ね着で体型をカバーしつつ、今どきなガーリースタイルを楽しんじゃいましょう。

The following two tabs change content below.

kazu

文化服装学院卒業後、アパレルメーカー勤務にてPR・販促を経験。 現在も引き続きアパレルメーカーの広報・運営などに携わっています。 趣味は暇さえあればオタクのごとく雑誌を読みあさりトレンドをいち早くキャッチすることです。