【私服はどこまでOK?】社員研修や講習会・セミナーに着ていく服装のマナーを知りたい!

最終更新日: 2019/10/04 by watabe

社会人になると、社内研修や講習・セミナーなどを受ける機会が多くなります。今回は、そんなシーンでも迷わないスタイリングやマナーのポイントをご紹介します。

服装はスーツスタイルが基本ですが、参加にあたって「私服でもOK」と書いている場合もありますよね。その場合のポイントは、きちんとした服装は外さないこと。カジュアルな服装はNG、ということだけは押さえておきましょう。見た目は社会人らしくオフィスファッションであることが、最低限のマナーです。

また、アクセサリーはシンプルに。指輪など研修中に邪魔になるようなものは外しておくのがベストです。「歩くこと・動くこと」も考慮してヒールは低めのものがおすすめです。

基本の研修スタイルはブラウス×ジャケットで

講習会やセミナーの内容がわからない場合は、きちんと見えスーツスタイルが安心。今っぽいスーツなら「デキる女性像」を印象付けられますよ。

モデルさん着用のネイビーのスーツは、アンクル丈で足首が見えるすっきりスタイルがポイント。シャツは、シワになりにくいレーヨン素材を使っているUNIQLO(ユニクロ)がおすすめです。袖をまくって時計を見せた着こなしは、抜け感があっておしゃれですね。

パステルニットでもジャケットを羽織ればきれいめに

一見スーツに見えるスナップも、実はセットではないジャケットとタック入りパンツを組んで着こなしたもの。ボトムスとトーンを合わせてジャケットを羽織れば、簡単にオフィシャルな雰囲気に仕上がります。

インナーにニットを合わせても、こなれ感がでて素敵ですよ。ヒールパンプスがない場合は、ポインテッドトゥを合わせるとスタイリッシュに見えるのでおすすめです。

清潔感のあるストライプシャツにひざ下丈のスカートが上品

スーツほどかしこまらず、けれどきれいめなオフィススタイルを装いたいときはクールで知的な印象を与えるストライプシャツがおすすめ。UNIQLO(ユニクロ)のエクストラファインコットンシャツは、襟を内側に折ればノーカラーシャツにもなるツーウェイタイプです。

DHOLIC(ディホリック)のラップ風スカートは、ひざ下までの長さがあり上品な仕上がりに。バッグにさりげなく付けたGU(ジーユー)のスカーフがアクセントになっていますね。

ダークグレーのスーツにホワイトTシャツを合わせて軽快に

ホワイトTシャツでも襟ぐりが大きく開いてないタイプのものなら、カジュアルにならずスーツにも好相性。ロングアクセサリーをポイント使いで取り入れると、こなれた働く女性をアピールできますよ。

シンプルなシャツ×パンツスタイルはパール付きローファーがアクセント

動きやすさを重視した研修のきれいめコーデは、上下ともにプチプラのUNIQLO(ユニクロ)。ベージュのアンクルパンツにホワイトシャツというシンプルなスタイルは、そのままだと地味になりがちですが、パールのついたZARA(ザラ)のローファーがアクセントになって上品に仕上がっています。

シンプルなコーディネートには、まとめ髪にするなどヘアアレンジに手を加えると、よりスタイリッシュになりますよ。

関連記事社外セミナーや講習会の服装、どうする? ビジネスマナーを押さえた大人女子のシンプルコーデ11選♪
The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。