30過ぎたら「パーカー」を上品に。大人コーデのつくり方

フードがアクセントとなり、カジュアルコーデが即座に決まる「パーカー」。楽ちんかつオシャレなのがいいところですが、大人女子にとっては”上品さ”も欠かせないポイントです。ラフすぎず、でもしっかり大人っぽい。そんな理想スタイルのつくり方を、#CBKモデルのスナップからご紹介します♪

パーカーに”女っぽ小物”を効かせたメリハリテクニック

パーカー×パンツのカジュアルコーデには、”女っぽ小物”を投入してメリハリづけを。揺れ感ピアス・ヒール靴・フェミニンなバッグと、小物のテイストを揃えているからこそ浮きません。バランスが崩れるとチグハグに見えやすいだけに、しっかり決められると素敵です!

「甘色のパーカー」には子どもっぽく見えない工夫を

優しげな雰囲気で着られると、大人女子に人気が高い「パステル系の甘色パーカー」。そのやわらかさを上品に生かせるか、それとも幼く見せてしまうかが、コーデ成功への分かれ道です。

そこで活躍するのが、”女っぽさとカジュアル感”を両立したアイテム。スナップでは、張り感あるカジュアルスカート・上品なベージュカラーのスニーカーがその例です。気取らないのにキレイな、絶妙パーカーコーデが叶います♪

デイリーには「コンパクトシルエットのパーカー」が使える

パーカーを上品カジュアルに着こなすなら、着回し力抜群の「コンパクトシルエット」を持っておくと使えます! フィット感が女っぽく、カットソー感覚で楽しめるのが大人にとって嬉しいところ。

キュッと詰まった印象になるので、足首を見せたり髪型をアップにしたりと、どこかに一点抜けをつくると好バランスです。

「ゆったりパーカー」は辛口に引き締めるとエレガント!

ゆとりあるシルエットのパーカーは、肩の力を抜いたような”リラックス感”を感じさせるのが魅力。ただのルーズな着こなしで終わらせないためには、キリッと引き締めることが肝心です。

上品に決めたい大人女子にイチ押しなのは、やはり頼れる「黒ボトム」。中でもスナップのような動きあるプリーツパンツは、パーカーのゆとりをこなれ感へと昇華してくれます。


「パーカー」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
Riri

Riri

大のおしゃれ好きで、販売員を経験したのちアパレル企業のEC事業部に勤務。皆様のお役に立てるようなファッション情報を発信します。