オンラインライブで担当カラー「青」を着る! 着こなしアイデア5選

オンラインでコンサートを行うアーティストが増えてきています。どこにいても参加できて、しかもオンライン通話でファンとの交流を楽しむアイドルもいたり、リアルなライブとはまた違った楽しみが満載! 自宅で参戦できるけれど、せっかくなら服装も担当カラーで思いっ切り楽しみたいですよね。

そこで今回は、担当カラー(メンバーカラー)が「青(ブルー)」の方におすすめの着こなしアイデアを5コーデお届け。ぜひ参考にしてみてください。

動きやすい「青のパーカー」でアクティブなオンラインライブコーデ

ライブといえば動きやすい服が必須。オンラインライブでも、アクティブコーデはやっぱりテンションが上がります。

「青のパーカー」なら着心地がよく、快適にライブを満喫できそうですよね。夏はTシャツにチェンジして、推しを応援しましょう。

「青のボーダーカットソー」でおうちライブ時間を楽しむ

こちらは「青のボーダーカットソー」を使った担当カラーコーデ。ボーダーのカジュアルさがライブにぴったりです。青の主張は控えめですが、ボーダー柄は普段使いしやすいのでコスパ良好!

「青のカーディガン」があればどんな服でも担当カラーコーデに

担当カラーコーデを効率よく完成させるなら「青のカーディガン」がイチオシです。スナップのように肩掛けするだけで、どんな服でも担当カラーコーデに早変わり! 羽織ったり、ボタンを留めてトップスとして着たり……と、さまざまなコーデが楽しめるのもメリットです。

オンラインライブだから「青のスカート」でも大丈夫!

いつものリアルなライブだと足さばきが悪く、敬遠しがちなロングスカート。でもオンラインライブなら大丈夫! スナップでは、深みブルーのプリーツスカートで大人っぽい担当カラーコーデに仕上げています。

「青のワンピース」で担当カラーをとことん楽しむコーデ

最後にご紹介するのは「青のワンピース」を使って全身で担当カラーを楽しむコーデ。自宅で楽しめるとはいえ、やはりライブは少し動きやすい素材がベターです。スウェットやニット素材など、柔らかなワンピースを選ぶと快適に楽しめるはず!


「担当カラー」の記事>>
The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。