38歳からは「ロングスカート」を選ぶべし! この夏は涼しくフェミニンに決めてみない?

ここ数年「ロングスカート」が大人世代の心を掴んでいます。女性らしいスタイルが作れて、夏は涼しく、さらにウエストゴムを選べば楽ちんと嬉しいポイントがいっぱい!

今回は、アラフォーに似合うロングスカートの着こなしをピックアップしました。パンツ派さんもこの機会にぜひトライしてみてくださいね。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

夏のナチュラルは「ワッシャープリーツのロングスカート」で作る!

涼やかな印象の「ワッシャープリーツ」のロングスカートは、夏の着映えにもぴったり。ブラウスと合わせてフェミニンに、Tシャツとカジュアル過ぎない大人スタイルにと、着回し力も申し分なしです。大人の夏スタイルは、ラフにおしゃれしてキレイをメイクしましょ♪

「サテンのロングスカート」はカジュアルダウンするのが粋

トレンドながら、大人世代ほどよく似合うのが「サテン」のロングスカート。素材が持つ光沢感はグッと女っぽさを引き出してくれます。

フォーマルな服装でよく使われるサテンをデイリーに落とし込むのが今どき。Tシャツやサンダル、スニーカーと合わせてカジュアルダウンするのが正解です。いつものカジュアルコーデを、サテンスカートでアップデートしてみてください。

「ボタニカル柄のロングスカート」で開放的な大人の夏スタイルを

フェミニンな花柄もいいけれど、よりナチュラルで大人感を出せるのがボタニカル柄。ロングスカートで取り入れて大人の夏を満喫してみましょう。

花柄に加え植物の葉や茎・実などをモチーフにしたパターンのため、Tシャツとラフに合わせるだけで開放的なリゾート気分が楽しめます。小物はサンダルやスニーカー、かごバッグが相性バツグンです。

「チェック柄のロングスカート」がレトロな薫りをブレンド

ロングスカートに取り入れたい柄の一つである「チェック」が2021年トレンドインしています。その中でも、ちょっぴりレトロな印象を与えてくれるのが「ギンガムチェック」。

1枚目のスナップのように、スカートを思いっきりマキシ丈にしてブラックのトップスと合わせれば、大人仕様に着こなせます。

2枚目では脚長効果が期待できるハイウエストのスカートをチョイス。ふんわり袖のブラウスとコーデして大人キレイを実現しています。フラップバッグとパンプスがコンサバな雰囲気と息が合っていますね。

The following two tabs change content below.

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。